FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  エコロジー >  アンダーセン木製窓

アンダーセン木製窓

img01

アンダーセン・ウィンドウは木製窓です。天然木をフレームの材料として使用しアンダーセン社独自の※PVC(硬質ポリ塩ビニール樹脂)被覆技術により高性能とともに本物の木製窓の質感を得られる製品となっています。
特長としては、断熱性能・防音性能に優れたペアガラスの窓であるという事とフレームの部分にアルミニウムの1/10以下の熱伝導率であるPVCと天然木(ウェスタン・クリアー・パイン)を使用しているという事です。

※PVC(硬質ポリ塩化ビニール樹脂)は合成樹脂のひとつです。難燃性、耐水性、酸・アルカリへの抵抗力があります。着火温度が380℃と木より130℃も高く、木材より高い防火性能をもちます。

アンダーセン・ウィンドウの複層ガラスに用いられているガラスは、独自の技術でつくられた「ハイパフォーマンス断熱ガラス」です。「ハイパフォーマンス断熱ガラス(LOW-Eガラス)」は、ガラス内面に薄く金属コーティングを施してあり、普通のガラスに比べ熱の通過を妨げ、有害赤外線を82%カットします。
冬の暖房時、部屋の熱を逃さず、夏は熱い外気を遮断し室内冷房効率を高める省エネルギータイプのガラスです。

複層ガラスとは、ガラスとガラスの間に空気層をはさみ込んだ特殊ガラスのことですが、単板ガラス(一枚ガラス)と比較し約20%の暖房費が節約できるといわれています。
アンダーセンの複層ガラスは、ガラスとガラスの間にアルゴンガスを充填し、密封した状態で窓本体に組み込まれています。そのため空気層に水分が入らず、冬季の結露の発生をおさえます。
また、室外騒音の低減にも効果を発揮します。

img01 img02
img01 img01

現在新築中のお宅にアンダーセン木製窓を採用しています。
竪すべり木製窓を連結しコーナー出窓に取り入れています。
(室内側:天然木パイン、外側:PVCテラトーン色)

img01

コメント






管理者にだけ表示を許可する