FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  年中行事-室礼 >  花祭の室礼

花祭の室礼

img03 img02 img01

四月八日は仏教を開いたお釈迦様の誕生日、又は仏生会(ぶっしょうえ)、誕生会(たんじょうえ)です。その誕生日には寺の境内にお花で飾ったお堂「花御堂(はなみどう)」を設け、安置した誕生仏像に参詣者が甘茶をそそぎます。
(その日、甘露の雨が降ったという言い伝えがあるからです。)

お釈迦様の誕生を祝うと同時に、わが子が釈尊のように強く賢く成長することを祈る日でもあります。

笋(しゅん)を季節の花と一緒に盛ります。 笋とは顔を出したばかりの筍のことで、別称仏影蔬といいます。土から真上に伸びる姿は釈尊が誕生された時、天地をさして 「天上天下唯我独尊」といわれたというお姿を写しています 。

笋と満開の桜で室礼をします。古代の人は植物の命を人の命、花の一生を人の一生に重ねて考えていたのでしょう。仏様に関する言葉の盛り物としまして、独活(うど、独立心を象徴)や空豆(そらまめ、別称、仏豆)も花祭に欠かせないものです。

img04

花御堂に見立てた室礼です。

img05

甘茶をいただくテーブルには、数珠、数珠玉、そして五色の散華(さんげ)をしつらえます。
散華は、仏教の法会にまく花で、蓮の花びらを紙で作ったものが一般的です。
中国の五常(ごじょう)、儒教において人が常に守るべき道徳である仁・礼・信・義・智を表す青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)と中国思想の五行説で決まっています。

-五行配当-
木 = 東  = 春  = 青(緑) = 仁
火 = 南  = 夏  = 赤    = 礼
土 = 中央 = 土用 = 黄    = 信
金 = 西  = 秋  = 白    = 義
水 = 北  = 冬  = 黒(紫) = 智

古代日本人は、言霊・音霊・色霊・数霊を大切にし、感謝と祈りの心を形(縁起の盛り物)に托したのですね。
そして、日にこだわり一年の節目となる節日をとても大切にしてきました。

年中行事は世界に誇れる日本文化であると思いますし、色褪せることなく、次世代の子供たちに伝えてゆきたい心です。

*今まで掲載しました「年中行事-室礼-」も是非ご覧下さい。
http://interiorworks.blog39.fc2.com/blog-category-29.html

コメント






管理者にだけ表示を許可する