FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  年中行事-室礼 >  雛祭の室礼

雛祭の室礼

img02 img01 img03

五節供の一つで、旧暦三月三日の称。上巳とは、「上旬(はじめ)の巳の日」という意味です。
魏(220~265)以来、三月三日を上巳としました。古来中国では、「踏青(とうせい)」といって、この日に不浄を祓う習慣があり、それがのちに発展したのが「曲水の宴」と言われています。

日本においては奈良・平安時代に取り入れられ、宮中では曲水の宴を催し、祓えを行うようになります。日本古来の祓えや禊の思想と中国の曲水の宴が習合したものです。
やがて曲水の宴はすたれてしまいますが、上巳の日の祓えは貴族の間に定着します。

形代として人形をつくり、穢れを移して海や川に流すようになりました。
雛人形の本来の姿は、流し雛。厄災を人形に託し、穢れを祓い流し去る雛祭りの原型です。流し雛の風習は、各地で今日まで受け継がれていますね。

その後上巳の祓えは江戸時代に五節供に制定され、貴族社会のみならず武家でも雛祭りが行われ、それが町人階層にも及び、やがて女児の節供とする考えが定着していった様です。
上巳は三月三日の雛の節供をさす言葉としても使われる様になり、上巳の節供ともいいました。

雛祭りの室礼には、桃の花同様、菜の花も不可欠なものです。
現代のように医学が発達していなかった時代は大勢の子どもが亡くなりました。
菜の花は早世した子に手向けるお花、また菜種油が取れることから故人に供えるお灯明という意味がこめられています。

桃花酒は桃の花をひたしたお酒で、飲めば病を除き長生きするといわれています。
古代中国では桃は邪気を払う仙木と考えられていました。
日本でも魔除けに桃の木を用いることも多いですので室礼のお花とします。

img05

雛御膳にもごちそうを盛りつけましょう。
心を込めてごちそうを盛ります。桜ご飯、はまぐりのお吸い物、玉子焼と菜の花、大根と柚子のなますなど食べ物の意味と、一汁三菜のお椀の位置を子供たちに伝えます。

私自身、有り難いことに幼なじみのお母様が年中行事を大切にされるかたで、毎年お雛様の直会に呼んでいただきお祝いしていただきました。
その際に色々なお道具の由来やごちそうの意味など教えていただきました。


img04

男雛、女雛の順序は各地域により色々な説があるようですね。
私の考えとしましては、男性は火足り(左、縦の力)、女性は水極り(右、横の力)。
合わせて火水(カミ)。
男雛は左側(向かって右)、女雛は右側(向かって左)が順序として正しい気持ちが強いです。
これはお雛様のお話だけでなく、男女の位置関係として大きな意味があります。

img01

コメント






管理者にだけ表示を許可する