FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  年中行事-室礼 >  節分の室礼

節分の室礼

img01 img02 img04

節分とは立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし、四季の分かれ目を意味していましたが、やがて立春の前日のみをいうようになりました。旧暦では、立春正月といいこの日は年頭もしくは年の暮れにあたり、邪気祓いの行事が行われてきました。

現在でも豆まきの風習は年中行事の一つとなっており、各地の寺社では鬼追いの節分祭が行われています。

豆まきの由来は中国から伝わった「追儺(ついな)」の儀式にあるといわれています(別名鬼やらい)。豆は魔目に通じ、鬼の目を打つためのもの。節分の夜に豆を煎った福豆を食べるのは、来る新春もまめ(達者)でありますように、とのいわれからです。

柊の小枝に鰯の頭を刺して玄関先に飾ると、柊のとげと鰯の悪臭が鬼を退散させると言われています。あたり棒は鬼退治の武器となるものです。邪気はらいの室礼ですね。
また節分の翌日は立春。椿のお花を立春の室礼とします。「椿」は木へんに春と書くことから、冬の寒気を払い春になったことをあらわします。

下の写真の恵方巻き(えほうまき)は、節分の2月3日に食べる太巻きの事で主に西日本に多く見られる風習です。節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かい、無病息災を祈りながら無言で太巻きをまるかぶり(「まるかじり」の意)するのが習わしとされています。
巻き寿司に 「福を巻き込む」という願いを、切らずに食べる事から「縁を切らない」という意が込められています。今年2009年の恵方は東北東です。

img03

コメント






管理者にだけ表示を許可する