FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  エコロジー >  日用品に含まれる有害化学物質

日用品に含まれる有害化学物質

img01 img02

毎日の生活で使っている日用品(シャンプー、ハミガキ、化粧品、洗剤、入浴剤など)に含まれる有害化学物質による経皮毒が問題になっています。

有害化学物質が皮膚から侵入し、害を及ぼすことを経皮毒といいます。
また有害化学物質が皮膚から分子レベルで体の中に入り、血液やリンパ液に溶け込むことを経皮吸収といいます。

経皮毒が指摘されています化学物質と日用品、そして有害作用をご紹介します。

<化学物質名>直鎖型アルキルベンゼン、スルホン酸ナトリウム
<使用されてる製品>洗濯用洗剤
<有害作用>主婦湿疹などの皮膚障害

<化学物質名>ラウリル硫酸ナトリウム
<使用されてる製品>シャンプー、ボディシャンプー、歯磨き粉
<有害作用>毛髪の発育障害、視力低下、白内障、皮膚障害、アレルギーを誘発

<化学物質名>アルキルエテール硫酸、エステルナトリウム
<使用されてる製品>台所用洗剤、シャンプー、歯磨き粉
<有害作用>主婦湿疹などの皮膚障害、発がん性

<化学物質名>塩化アルキルトリ、メチルアンモニウム
<使用されてる製品>リンス
<有害作用>神経毒性

<化学物質名>蛍光増白剤
<使用されてる製品>洗濯用洗剤
<有害作用>発がん性、環境ホルモンの疑い

<化学物質名>ポリエチレングリコール(PEG)
<使用されてる製品>シャンプー、ボディシャンプー、化粧水、乳液、マウスウォッシュ
<有害作用>肝、腎機能障害、皮膚障害、発がん性

<化学物質名>プロピレングリコール(PG)
<使用されてる製品>シャンプー、リンス、ボディシャンプー、化粧水、乳液、入浴剤、ウェットティッシュ、お尻拭き、医薬品
<有害作用>過敏症、染色体異常、溶血症、皮膚障害

<化学物質名>ジエタノールアミン(DEA)、トリエタノールアミン(TEA)
<使用されてる製品>化粧品全般、医薬品
<有害作用>皮膚障害、アレルギーを誘発、肝・腎機能障害、発がん性

<化学物質名>ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
<使用されてる製品>シャンプー、リンス、ボディシャンプー、化粧品全般
<有害作用>アレルギーを誘発、過敏症

<化学物質名>エデト酸塩(EDTA)
<使用されてる製品>洗濯用洗剤、シャンプー、リンス、ボディシャンプー、化粧品全般、ウェットティシュ、お尻拭き
<有害作用>アレルギーを誘発、過敏症、生体内でCaやFeと結合、腎機能障害

<化学物質名>オキシベンゾン(ベンゾフェノン)
<使用されてる製品>UVカット製品
<有害作用>皮膚から吸収され急性致死毒性がある、発がん性、環境ホルモンの疑い

<化学物質名>パラフェニレンジアミン(PPD)
<使用されてる製品>白髪染め、ヘアカラー
<有害作用>過剰曝露でのどの刺激、気管支喘息、アレルギーを誘発、発がん性、環境ホルモンの疑い

<化学物質名>タール色素
<使用されてる製品>シャンプー、リンス、ボディシャンプー、化粧品全般、マウスウォッシュ
<有害作用>アレルギーを誘発、過敏症、黒皮症、発がん性

今現在、現代の物質至上主義の考え方、楽な方向へ流されるなど、暮らし方そのものを見直す最終段階の時期なのだと思います。

*経皮毒につきましては、こちらの経皮毒.comサイトをご覧下さい。

コメント






管理者にだけ表示を許可する