FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  エコロジー >  天然素材ベットマットレス

天然素材ベットマットレス

img01 img02

人のからだは起きているときも眠っているときも、水分を放出し、熱を放散しています。
快適な睡眠には、そうした生理現象と寝床内の状態、寝室の環境の調和を欠かすことができません。寝具には様々なものがあり、電気や化学の力で体を温めたり、体を冷やしたり、体への圧力を分散したりする方法があります。それに対し、素材の組み合わせや構造を工夫することよって睡眠環境を整えようとする技法もあります。

天然素材ベットマットレスには、高級天然毛や麻、コットンなど自然の素材がふんだんに使われています。カシミアやキャメルの毛を50層以上重ね、その下に、ヤク、ホース、麻のフェルトなどを積み重ねます。芯材にはリサイクル可能なポリエステル素材を用います。
布製のカバーはコットン100%の生地を使用し、上下を糸で綴じてあります。

自然素材の高級天然毛は、湿度をコントロールする機能である放湿性と吸湿性、透湿性、冬の底冷えを防ぐ保温性、からだの加重を支える支持性、からだの圧力を分散するのはクッション性、さらに、寝返りによる振動、横揺れの防止にも役立っています。

日本のマットレスである「畳」の積層構造が開発の際に鍵となったようです。
日本では古来よりムシロ状のものを積み重ねて綴じたものを「畳」として、マットレスとして用いてきた知恵を活かし、睡眠環境学的な視点で素材と構造を工夫されています。

img01

コメント






管理者にだけ表示を許可する