FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  年中行事-室礼 >  お正月の室礼

お正月の室礼

img03 img01 img02

元旦には、鏡餅をお供えしその土地、家庭の心ばかりの手料理を準備して年神様をお迎えします。鏡餅の餅は、稲の霊が宿り人に生命力を与えてくれると言われています。

鏡餅と祝いの四品を盛り、豊作と息災を祈願します。
また鏡餅は年神様の象徴とされ、お供え、お鏡とも呼ばれています。
鏡は古くから神様の宿るところと考えられており、お供えも薄く丸形をした鏡状のものでした。大小二つ重ねるのは、福徳が重なることを願ったもの。

そしてお正月の室礼には、様々なお目出度いもので盛り供します。
代表的なものの一つが柑橘類です。柑橘の「きつ」が「吉」に通じ、また形が大きい程「大吉」につながると考えられています。

昨年の実りと平穏に感謝し、新しい年の豊穣と家内の健康と安全をお願いします。

img01

上の写真は、お正月の室礼、初夢です。古来最も縁起の良い夢といわれます「一富士、二鷹、三茄子」に因んだ盛り物ですね。富士山のように気高く、鷹のように勇敢に、そして茄子は千に一つの無駄がなく、花が咲けば必ず結果するものという意味があります。

一富士・富士りんご一つ、二鷹・鷹のつめを二束、三茄子・「初夢」という茄子の形の和菓子三つなど“ものいわぬもの”に思いを託す“寄物陳思”を自由な発想で、お正月の室礼を楽しんで下さいね。

またお正月の輪飾りや結び柳に「和」の心を託しますが、家族揃って年を越し新年を迎えることに大きな意味があるのですね。

img05 img04 img07 img06
-祝いの四品-
上写真左から
□勝栗 勝利に通じる祝いもの。□黒豆まめ 達者(まめ、丈夫)であるように願う。
□コロ柿 カラスも食べないような渋柿でも修練の後には床の間の飾り物にまでなりうる、という精神上の気高さを表すもの。□五万米(田作り)豊穣と子孫繁栄を願う。

img01

□三方(さんぽうとは白木で作られているお供えをするための道具)に奉書(文字通り「奉る」ときに用いる和紙)を敷き、お供えします。

コメント






管理者にだけ表示を許可する