FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  年中行事-室礼 >  冬至の室礼

冬至の室礼

img02 img03 img01

冬至は、一年中で最も昼の短い日。新暦で12月22日頃ですが、この冬至を境に少しずつ日が長くなることから、この日を「一陽来復」と呼ぶそうです。
一陽来復には、ようやく春が来るという意味、そして悪いことが続いた後には良いことがあるという意味があります。

冬至は、クリスマスと同様に古来より太陽が戻ってくる日として世界中でお祝いされていました。

一般的には、この日に柚子湯につかり(陽の気で満たす)身を清めることは知られています。特に、冬至の前後2週間は陰陽バランスを整えるために、お食事などにも気を使われると良いと思います。

冬至の室礼は、主として南瓜、柚子、荳菜等、当季の野菜を盛り供します。
冬至には、「ん」のつく食べ物を食べると縁起が良いといわれています。
「ん」が運に通じ、吉運を呼び込むようにと願った盛り物です。 他にも「ん」のつくものとしてにんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん等がこの「運盛り」の対象となります。

また「いろはに…」の最初の文字である「い」がつく芋類は、新しい年の始まりを、瓜などの“蔓もの”はつながりを意味しています。芋類に蔓ものを添えることで「ん」から「い」へ一年が終わって次の年につながっていくことを表します。
日本文化は、循環の文化であるという意。年中行事はそのことを実感させられます。

十二個のお餅の室礼は、一年十二か月がつつがなく終わった感謝の心です。
今年一年を振り返り、新たな年の運を願います。

img03img01 img02

□上野にある和菓子店、桃林堂さんの季節限定のかぼちゃの和菓子です。
かぼちゃは萬もので、冬至の行事が万代つづいてゆく願いを託し室礼に用います。

素材にこだわり丁寧に作られた和菓子は、芸術ですね。
室礼後、お抹茶と一緒にいただきます。


コメント






管理者にだけ表示を許可する