FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  年中行事-室礼 >  七五三の室礼

七五三の室礼

img01 img03 img02

子供達の成長過程を無事過ぎることのお祝と、厄除けの行事である七五三。
昔は、七歳までは神の子で、七歳から人格を持つと考えられていたため神社にそのご挨拶にうかがうため正装したことが七五三の由来であると言われています。

日付が11月15日に固定されてきたのは江戸時代のことで、この11月15日は二十八宿という吉凶占いで大吉の日でした。

庶民もこれにならって、子供が三歳、五歳、七歳になった年の11月15日に氏神様に参拝し、その年齢になったことを感謝し、さらなる健康と成長を祈願するようになりました。
福禄寿のうち、七歳まではとにかく健康であること、寿が大切ですね。
(近年は、15日にこだわらず11月中におこなうようになってきました。)

神域に福を呼ぶ室礼として、柿、千歳飴、榊など。
柿は嘉来の文字をあてて、七歳になった喜びを表します。
木偏に神と書く榊(さかき)には麻を結びます。麻には魔よけの力があるとされ、神社でお祓いに用いる大幣も麻で作られています。また邪を祓う赤い色のものも室礼します。

室礼する盛り物の型に気持ちを入れることと、それを大切にすることが本来の室礼であると思います。
子供が七歳を過ぎても毎年続けていくことも素敵なことですね。
(我が家では、七歳を過ぎたころから福を願います。魅力があり好かれる人に成長してほしいということ。そして十三歳頃からは子供の心の成長を願い、王道である福禄寿がそなわることを祈念します。)

img01

子供が大きくなってもこの時期お店で見かけると買ってしまう千歳飴。
千歳飴の袋を使って室礼を楽しまれてはいかがでしょうか。

コメント






管理者にだけ表示を許可する