FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  エコロジー >  200年住宅

200年住宅

img01

img01

国土交通省は、耐久性や耐震性に優れ、何世代にもわたって住み続けられる「200年住宅(長期優良住宅)」の普及促進策を本格化させるそうです。

通常国会に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律案(仮称)」を提出し、建て替え負担や廃材による環境破壊の軽減を図ります。また国交省は今年2008年秋の施行を目指し、施行後3~4年で10万戸強の普及を見込みます。

日本の戸建住宅やマンションなどは、建築から取り壊しまでの平均期間が約30年とされ、米国の55年、英国の77年に比べて短寿命です。200年住宅は、高品質の戸建住宅やマンションを建築し、維持・補修を制度化することで資産価値を長期間保たせる構想です。

具体的には、200年住宅を新築する人が、地方自治体に「長期優良住宅建築等計画」を申請します。国土交通相が定める基準を満たしていれば、「200年住宅」として認定され、税制上の優遇措置などを適用する仕組みです。

また5年に1回程度の点検を課し、その記録を「住宅履歴書」として保存及び管理することを義務づけます。これにより、中古住宅市場の活性化も見込めます。

住宅の寿命を延ばそうとすると、最初の建築コストが2割ほど高くなり、このため税制の優遇措置を適用されます。施行日から10年3月末までに完成した新築物件を対象に、一戸建ては築後5年間(通常3年間)、マンションは7年間(同5年間)、固定資産税を半減されます。
不動産取得税は、住宅の課税標準から1,300万円(現行1,200万円)まで控除されます。

(*2008年1月21日 読売新聞参照)

□参照サイト
国土交通省サイトです。
http://www./mlit.go.jp/

コメント






管理者にだけ表示を許可する