FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  インテリアコーディネート術 >  ラグジュアリーカーテン

ラグジュアリーカーテン

img02 img01

img04 img03

インテリアトレンドはシンプルモダンから装飾を楽しむクラシックモダンへと移行しています。
ラグジュアリー、フェミニンといった要素がキーワードです。

カーテン文化の歴史が長いヨーロッパでは、縫製やスタイリングを工夫して楽しむのが一般的です。仕上がりパターンなども二重のカーテンをボタンで着脱可能にしたもの、革の飾り紐で分け目を結んだもの、布地以外のものをアクセントに取り入れたりバリエーションが豊富です。

カーテンレールは、トレンドはポールに吊るすのが主流で、カーテンにハトメをつけ通すアイレットタイプです。布地を切り替えたヘッドボーダータイプもお勧めスタイルです。
また、小窓でしたら紐状にしてポールに直接結ぶという吊るしかたもあります。

他には、スワッグ&テールバランススタイルやディテールにこだわったデザインのウインドウスタイリングは得意としております。

日本では(北海道以外)、カーテンの裾は床より1~2㎝上げて縫製しますが、ラグジュアリーを演出するスタイリングでは少し床を引きずるくらいが丁度バランスがよい寸法、プロポーションスケールです。



~ウインドウデザインのながれ~
img01

img01img01

イメージパース、デザインコンセプトボード。(上左写真)
ファブリックは、実際に生地サンプルで柄やテクスチャーを確認します。

*国内メーカーのオーダーカーテンは、ご注文いただいてから約1週間程度で納品、取り付けできますが、フランスへ直接オーダーするオートクチュールカーテンに関しましては、4~6週間程度かかります。
輸入(又は国内)ファブリックを使用して指定の縫製工場で作る場合は、1~2週間かかります。

img01

コメント






管理者にだけ表示を許可する