FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  未分類 >  能登珪藻土について

能登珪藻土について

珪藻土


商業施設の内装リフォームのご依頼をいただき、現在基本計画(プランニング)段階です。
壁の仕様に関しては、
クライアントの要望、コスト及び使用する場所を考慮すると左官壁にほぼ決定。

左官壁の種類も様々ありますが、私が信頼している材料のひとつに「能登珪藻土」があります。

珪藻土とは、海に生息していた植物性プランクトンの死骸が堆積してできた土層から採れるものです。

七輪の原料として有名ですね。

主成分は、二酸化珪素で多孔質なことから、保温性、防水性、断熱性、遮音性、及び吸放湿性などに優れます。

ただし、珪藻土自体、自ら硬化する性質がないため凝固材を混ぜなくてはなりません。

市場に出回っているものの中には、安全性の不明な凝固材を多く添加しているものもあります。
(実際、健康に配慮して珪藻土を塗ったが、子供さんが凝固材に反応して鼻血が出て入居できないというご相談を受けたことがあります。)

しかし、能登珪藻土はもともと粘土質のため自硬性があります。
そのため珪藻土本来の良さがあり、材料的にとても安心して使うことができます。

商業空間にこそ、このような素材を使っていただきたいので、テクスチャーにも工夫をしデザイン性を高めて満足いただけるプランを、と考えています。



コメント






管理者にだけ表示を許可する