FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  インテリアの仕事 >  キッチン設計-作業スペース-

キッチン設計-作業スペース-

img03 img01 img02

←A→ ←B→  ←C→  ←D→
img01 img02

キッチン設計では、特に動線計画と収納計画が作業のしやすさに影響をあたえます。
インテリア雑誌、女性誌などでもよくキッチン特集が組まれていますが、大抵はデザイン性や最新設備の紹介というのが殆どです。

今回は、主婦感覚視点でキッチンの作業スペースの考えかたの一例をご紹介します。
短時間で効率良くお料理が出来、またそのプロセスが楽しいことが大切。
作業スペースを考える際に、お料理をするときのシミュレーションをしてみます。

まずは上の写真を参考にAスペースですが、パントリーや冷蔵庫などから食材をとりだして、ひとまず置くスペースが必要ですね。
パントリー(食品庫)、冷蔵庫を配する場所は、このスペースに近いほうが使いやすいですね。
またかごが置けるくらいのスペースとして最低60㎝は欲しいです。
写真では作業が右流れ(A→D)になっていますので、右利きのかたに適した配置です。
そして食器洗い機をビルトインするのでしたら、このスペースの下に配すると使い勝手が良いと思います。

Bスペースは、シンク部分です。一般的には80㎝程度。
Cスペースは、まな板を置くスペースで90㎝位が丁度良いです。
シンクで鍋に水を入れコンロに置く、ゆでた野菜のゆで汁をシンクに流す、などの作業が多いですので効率性を考慮します。

Dスペースは、コンロ部分ですが大きいお鍋を頻繁に使うお宅では一般的な60㎝のサイズ以上は必要になってきます。しかし、この寸法をあまり広くとると他の作業スペースが狭くなってしまいますのでバランスが大切です。料理途中に、調味料などを仮に置くスペース(コンロ右スペース)もあると良いですね。

場所にゆとりがある場合、配膳スペースをキッチンに並行して設置すると作業性が増します。
家電が収納できる棚を配膳スペースに設置します。
(家電の量によって、コンセントの数と位置の確保。)

配膳台の高さは、下ごしらえを考えると(硬いお野菜を切るなどはキッチンCスペースよりも低めの配膳台が使い勝手が良いです)、75㎝~78㎝(160㎝身長のかた)がお勧めです。
(ちなみにキッチンの高さは、身長÷2+5㎝で160㎝のかたに適した高さは85㎝となります。)
場所が確保できない場合、スライド式のテーブルを配膳の際に出して使っても良いですね。この配膳スペースは、初期プランから考慮するべきです。

このAからDのスペースをどのように割り付け、プランするかで日々のキッチン作業のしやすさに影響を与えますので、キッチンのデザインよりもスペース割りを先に考慮します。


最近、オブジェのようなキッチン、そもそも手料理をすることを想定していないキッチンなども見かけることがありますが、何か本質からずれている気がします。

キッチンは、住まいの中でとても大切な場所。
家族の健康のためにも極力手をかけたお料理ができるキッチンであってほしいですね。
特に母親として子供に出来ることの重要な部分。
(私自身、現在でも母親の手料理を食べると元気になるから不思議。)

安全な食材(極力地元野菜など、旬のもの)を選び、家族の健康のために手間をかけて愛情を込めて、お料理することの大切さと素晴らしさを見直してほしいです。


コメント






管理者にだけ表示を許可する