FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  インテリアコーディネート術 >  生活空間のフラワーデザイン

生活空間のフラワーデザイン

img02 img06 img03

インテリアのアクセントとしてのフラワーコーディネート法をご紹介します。
空間演出としてのフラワーデザイン。

暮らしにお花を素敵に取り入れ、自然にアレンジできたら素敵ですね。
生活シーン毎、インテリアとの色彩の統一、花器とのバランス、置く場所によりボリュームを考慮したりと基本的なルールがあると思います。

リビングであれば、華やかなイメージのお花にグリーンを一緒にコーディネートすると上手くまとまります。
バラ、ユリやカラーなど単品使いでも充分に存在感があり、華やかなイメージのお花が適します。
(カラーのお花によるスタイリッシュな演出法。下に掲載しました写真をご覧ください。)

色彩は壁紙、カーテンを考慮して同系色でおだやかにまとめたり、また反対色でアクセントとして取り入れても良いですね。

センターテーブルの上に置く場合、上から見ても美しいアレンジで低めにします。高くてもグラス高さまでにおさえます。
一般的には、花器:お花=1:1.616の黄金比のバランスが美しいのですが、飾る場所によって低くアレンジしたり、また逆に高く、細長くアレンジしたりします。

アレンジに自信がなくても、花器にダイアゴナル(斜め)に挿す手法は手軽でお洒落感が増します。

出窓などにもお花を飾ると素敵ですが、あまり色々な種類のものを置くと乱雑なイメージになってしまいます。
お花や花器の色彩を統一したり、またグリーンを飾る場合、光を透過させる浅い色の葉を持つグリーンを飾ると暗くならずにお奨めです。

ダイニングテーブルに置く場合は、お皿レベル高さに合わせ、ドーム型又は水平デザインにアレンジします。
あまり香りの強くないもの、明るく優しい色彩のもの、季節のお花が適します。

キッチンはお花というより、グリーンを飾ったり、そのままお料理にも使えるハーブ類が良いです。
土が見えていると不衛生なので、ゼリータイプやハイドロカルチャーなどを使います。

洗面室などは、個人的に奥行きを出さず高さを強調した(細長いデザイン)アレンジがお奨めです。写真のようなミニコチョウランも素敵ですが、一輪挿しに存在感のある葉を高さを強調して(花器の2倍以上の高さ)お花と一緒にアレンジすると場所も取らずすっきりとモダンな印象になります。

フラワーデザインで大切なことは、アレンジする場所とお花、グリーンの相性、インテリアとの色彩調和、ボリューム感を考慮することです。

img01


コメント






管理者にだけ表示を許可する