FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  インテリアの仕事 >  キッチン収納プラン

キッチン収納プラン

img01

キッチンの空間計画では、キッチンのレイアウトはもちろんですが、その前にゾーニングプランからスタートします。
キッチンでは、隣接するパブリックゾーン(リビング、ダイニング、ホールなど)とウォーターゾーン(浴室、ユーティリティなど)とのつながりを意識した動線計画が大切です。

そしてキッチン、ダイニングの動線計画では、作業を細かくチェックしていきます。
食材、食器また調理道具の収納~下準備、調理、加熱調理そして盛り付け、配膳という動作があります。
ご家族の構成によっては、もっと複雑な作業になります。

食事のあとは片付けと、効率良く作業するためには、ひとつひとつの作業を細かくシミュレーションしながら、キッチン空間プランに反映させていきます。
家族構成もとても大切な要因ですので、そういった細かな情報、持ち物をあらかじめ把握しておくことが大前提ですね。

現在は、キッチン収納家具のプラン、設計をしています。

サービスカウンター、作業、配膳スペースを設け、スツールを置いてそこで下ごしらえができるような工夫もします。
また固めのお野菜などを切ったりする際に、キッチンの高さ(85㎝)ですと高めですので、こちらの作業スペース(70㎝)では低めにして、色々と多目的に使えるようにプラン中です。

パントリー(食品庫)は別に隣接して設けてありますので、食品のストックや季節外の食器類などもこのスペースに収納できます。
例え小さなスペースでもパントリーは設置するべきだと思います。

そして、ダイニングへのスムーズなながれ、また子供たちも自然にお手伝いに参加できるちょっとした工夫など盛り込んであります。
家族のコミュニケーションにも影響をあたえるスペースですので、イメージ的には、”会話の途絶えない明るいご家族”を意識してプランします。

クライアント様宅では、ご自宅でとれたお野菜の手料理がいつも食卓に並んでいるようすです。
収納スペースも見せる収納(カップやビン類など)と隠す収納(日常使いの食器類)の中間で、若干アバウトなスペースをあえて設けながら。

コメント






管理者にだけ表示を許可する