FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  未分類 >  デザイン考

デザイン考

img01img02

デザインの概念とは何でしょう。
デザインとは、日々の生活から生まれる感受性ですが、そのデザインという概念が発生したのは、産業革命による量産化した粗悪な形に対するデザイン運動ではないかと思います。
(生活の中の美意識を傷つけられた怒りなのでしょうね。)

これは、”アーツアンドクラフツ運動”とよばれています。
近代の生産方式を否定した一種のユートピア主義とも言えますが、後のアールヌーボー、ゼセッションなどのデザイン運動を呼び起こし、近代デザイン運動の出発点となっています。

ジョン・ラスキン、ウイリアム・モリスによって、このようなデザインの種子が植えられ、そしてその後様々なアート運動がその土壌を耕してきましたが、日本においてはその開花の時期はいつなのかという点です。

日本の産業デザイン界は、生活文化ではなく、ある時点から経済のほうを向いて発展しています。

形や素材を斬新にしたり、とても奇妙な形を創造することがデザインなのではなく、一見何げない生活の中から斬新な発想で取り出す独創性がデザインの本質ではないかと感じます。

モノと人の関係を豊かにすることが大切です。
形からデザインするのではないということです。

そして、連綿と続いてきた伝統(生活文化)と今、そして未来を結びつける発想です。
(デザインする際のスタンディングポイントのことです。)

人々の生活空間に対する美意識が成熟した時が、良い意味でデザイン文化が開花する時期なのでしょうか。

コメント






管理者にだけ表示を許可する