FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  インテリアコーディネート術 >  インテリアデザインの傾向

インテリアデザインの傾向

img01

今月初めに「インテリアライフスタイル展」に行ってきましたが、デザイン傾向として”原点””ルーツを辿る”というようなキーワードが感じられました。
現在、様々なデザインのもので溢れていますが、原点に立ち、そして未来のデザインを模索していくことが大切です。

私自身、デザイン発想は、あくまでも生活の中から取り出すということが本質ではないかと考えます。過去(生活文化も含め)、そして現在、未来をそれぞれの視点で考え、再構築しながら、また混在させデザインしスタイルを作り出していきます。

昨今のトレンドのミックススタイルとは、古いものと新しいもの、自然素材と人工的素材、光と闇、西洋と東洋、男性的と女性的、、、というように相反するものを組み合わせるスタイル。

そして、個人的には自国生活文化をとても大切にしたいと考え、気候風土に根ざした日本文化、伝統をベースにし、そこに異文化をミックスしていくことが本来のミックススタイルであるべきだと思います。

キーワードは、自国生活文化をベースとした”融合”です。

もし日本人としてのアイデンティティーを失った状態で、異文化を形だけ取り入れた場合、そのスタイルにはデザイン美学が感じられず、すぐに風化していまうデザインとなるでしょう。

今回のインテリアライフスタイル展では、自国文化の再発見をすることができました。

そして、あくまでもモノ単体がトレンドなのでなく、従来にはない斬新な”新しい組み合わせ”によってトレンドが作られていきます。

生活を豊かにするエッセンスとして、新しいデザイントレンドは取り入れていきたいですね。



□インテリアデザインの傾向を掴むためには、こちらの見本市でのトレンド情報を活用しています。

http://www.maison-objet.com/fr/index.htm
□メゾン・エ・オブジェ フランス最大の家具インテリア見本市

http://heimtextil.messefrankfurt.com/frankfurt/en/home.html
□ハイムテキスタイル ドイツ、フランクフルト 世界最大のホームテキスタイル見本市

http://www.milanosalone.jp/
□ミラノサローネ国際家具見本市

見本市の解説は、固定観念にとらわれるため、あえて読みません。
その代わりにたくさんのスタイル展示を見ながら、ひとつひとつのスタイル提案(点)がトレンド傾向(線)になるまで、インスピレーション(ひらめき)を湧き上がらせます。

頭の中で無限にマインドマップ図が広がっていくイメージでしょうか。

スタイルの奥にある共通性を見つけたときは、かなりイマジネーション(想像力)が広がっています。
そこで得た傾向を実際のデザイン業務に、エッセンスとしてプラスします。
(独自のデザイン脳の鍛え方なので、とても抽象的な表現ですみません。)

コメント






管理者にだけ表示を許可する