FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  未分類 >  マクロビオティック

マクロビオティック

img02 img01 img03

最近、女性誌などでよく目にするのが”マクロビオティック”という言葉。
最初は何?のことだろうと思っていました。

「人間が本来持っている、健康的に生きる力を取り戻す食事法」=マクロビオティック(*以下マクロビ)という意味だそうです。
その土地の人々が育んできた”身土不二””一物全体”という食文化に東洋思想の”陰陽論”を融合した考え方です。

考えてみれば、祖母や母が作ってくれた家庭料理は、まさにこのマクロビの食事法に沿っていたと思います。

特に母はお料理が得意で、市販のお惣菜が食卓に並んだ記憶はありません。
(母は仕事をしていましたので、毎朝4時には起きて家族の食事を作っていたようです。私には真似が出来ません、、、)

私が家族に作ってあげる料理もそれが基本になっていますので、郷土料理がベースです。
最近、食生活に取り入れたのが五穀米をブレンドした雑穀ごはんです。
健康にも良く、とても美味しいですよ。

お野菜などは、自家製の無農薬のものが昔からあたりまえでした。
(なので旬の野菜以外はあまり食べません。)
昔、初めて自炊生活を始めた頃、普通にスーパーで売っているお野菜、調味料が食べられなくて困ったことがありました。
(農薬なのか野菜本来の味がしないのとパワーが少ないので・・)

参考までに陰陽の食材ですが、
・陽(身体を温めこわばらせる)/動物性食品、精製塩
・中庸(バランスが良い)   /玄米、温帯産の野菜、海藻、豆類、自然甘味料、良質な植物性油
・陰(身体を冷やしゆるませる)/白砂糖、乳製品、アルコール、コーヒー、スパイス、薬品など
極端に片寄ったものを食べ過ぎると、陰陽バランスが崩れ身体のエネルギーが停滞して、体調を崩すなどの要因になるそうです。

少しずつマクロビの食事法を取り入れて、健康な身体と心を目指したいですね。
そして永く続けるためには、プロセスが楽しく、出来上がり見た目美しく、美味しく・・が大切です。



□マクロビオティックおすすめ本
ニューベーシックマクロビオティック―おいしくて、簡単な、毎日のごはん ニューベーシックマクロビオティック―おいしくて、簡単な、毎日のごはん
天野 朋子、中川屋 善右衛門 他 (2006/09)
日貿出版社
この商品の詳細を見る


□マクロビオティック・正食協会のサイト
http://www.macrobiotic.gr.jp/

コメント






管理者にだけ表示を許可する