FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  インテリアの仕事 >  オフィスのインテリア計画

オフィスのインテリア計画

img03 img02 img01

オフィスデザインは、建築・インテリア・設備の関わり合いの中で適切にプランをしなくてはいけません。
従来は(住宅も同様ですが)、ハードの部分=建築と設備設計だけで終わらせていたケースが多々ありました。
快適性に影響を与えるインテリア空間の概念がないがしろにされてきた歴史があります。

本来は、オフィスマネジメントを含めたハード面、そしてソフトの面にまで視点を広げ、総合的にバランスよくプランニングされるべきです。
オフィスのインテリアエレメントが多岐にわたり、またライフサイクルが短いものもあるためフレキシブルに対応しなくてはなりません。

次世代オフィスとして汐留にあるソフトバンクテレコムは、今後良いモデルとなるのではないかと思います。
雑誌で拝見しましたが、キーワードが”街”というのが納得する空間構成になっています。

キーカラーにグリーンを配し、自然の太陽光に近い光によるライティング、植栽により公園のような雰囲気でした。
他にプレゼンテーション空間、プロジェクトのミーティングコーナーがあり、随所に社員の五感を刺激し創造性を発揮させる工夫をこらした空間となっています。

今は”フリーアドレス”そして、”ユビキタス”時代。
情報化に伴い、仕事をするスペース=自分の机という特定の場所に縛られないユビキタス環境の時代において、従来の机の並べ方(例えば島形レイアウトなど)だけでは対応できなくなってきています。

ただし業種によってこのまま次世代オフィスのインテリア空間を模倣しても意味がありませんが、コンセプトを打ち出した手法はとても参考になると思います。

オフィスプランニングプロセス
1.基本計画
オフィスニーズなど与条件の把握、整理
(将来的な予測も含めて)
基本的な方針(コンセプト)の決定、工期、仕様概略など

2.基本設計
基本計画での条件を基に、ゾーニング、エリアリング、エレメントのレイアウト計画
空間提案(平面図、立面図、パース等)

3.実施設計
エレメント、設備機器の選択、設計
ディテールや色彩計画の検討(内装図、エレメントリスト、配置図、仕様書等)

他にオフィスのグリーン計画もとても重要だと考えます。
快適性を考慮したオフィスプランにグリーンの効果はとても大きいです。

img03 img01 img02

コメント






管理者にだけ表示を許可する