FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  おすすめインテリア書籍 >  おすすめ本-白井晟一空間読解

おすすめ本-白井晟一空間読解

白井晟一空間読解―形式への違犯 白井晟一空間読解―形式への違犯
安原 盛彦 (2005/09)
学芸出版社
この商品の詳細を見る

白井晟一氏は、私が唯一好きな日本人の建築家です。
独自性、その作風から 「モダニズムに背を向けた哲学的建築家」と呼ばれていますが。

空間を読み解くことが難しい建築家の実像に迫る貴重な一冊ではないかと思います。

形や空間のみを感じるというよりは、(そのまま現代に模倣することは機能的ではないですので)その背後にある哲学的なものを学ぶための手引書として活用されることをおすすめします。

私は仕事を始めてからリアルタイムで白井氏を知らない世代ですが、残された建築物を通じて大変惹かれる建築家です。

家は単純に生活としての器ではなく、人の内省に関わるものであり、生活や精神性を引き上げるものでなくてはならなかったのだと思います。
そのような家をつくるためには、和や洋といった様式、そして時代も関係なく自分の中の真善美、根源的なものに従うことをつらぬいたのだと推測します。


img01 img02
 
img03 img04

□独特の造形構成に惹かれます。
決まった法則性を解読するのが難しいバランス性と美的感覚ですね。

上左写真 / サンタ・セバスチャン館(1972年)
上右写真 / 松濤美術舘(1980年)
下左写真 / 親和銀行(1963年)
下右写真 / サンタ・キアラ館(1974年)

コメント






管理者にだけ表示を許可する