FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  インテリアエレメント >  インテリアペイント

インテリアペイント

img02 img03 img04

インテリア空間で人の心理に作用するのは色だと言われています。

例えば、寒色系の青は気持ちを静め、集中力を高める効果があります。
反対に暖色系の赤は精神を活発にさせます。

また寒色系は後退色とも言われ空間を広く見せ、暖色系は進出色と言われて空間を狭く見せてしまう色です。

この色の作用を上手く活かし、空間のかたちを整えることに活用することもあります。

最近、インテリアペイントを取り入れるかたが増えてきたことは大変嬉しいことです。

日本人は様々な色を上手く室内に取り入れることを得意としませんが、生活シーン、スタイルに合わせて、もっと色のパワーを取り入れていただきたいと思います。

以前クライアントからの依頼で、寝室の壁のベットヘッド側をダークプラウンにペイントしたことがあります。
(デコラティブペイントを採用)

ファブリック、照明器具が様式的で重厚感があるものに対し、壁は白色の壁クロスが貼られていました。

素材の奥行感のバランスがとても悪かったのですが、一面のみダークブラウン(テクスチャーをデコラティブ)にしたことにより、バランスが整い心地良い空間となりました。

インテリアペイントで比較的簡単にリフォームできた良い例でした。

また色の心理効果により、とても落ち着く空間になりました。

img05 img01

カラーも豊富にあります。

何色か使う場合、トーンを同じにするとまとまりのある空間になります。

逆に一つの色相(色み)でコーディネートする場合は、トーン配色にすると良いですね。
(薄く~濃く、グラデーションをつける)


img06

□インテリアペイントの実例が載っていて参考になります。
/カラープレビュー発行

コメント






管理者にだけ表示を許可する