FC2ブログ

美空間InformationBlog

リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。

TOP >  コンセプト >  丁寧に暮らす

丁寧に暮らす

img01 img03 img05


モノが溢れ、お金を出せば大抵のものを手に入れることができます。
ですが、モノにたくさん囲まれた生活、イコール豊かさではないはずです。

豊かさを感じるのは心の状態ですので、モノだけを追い求めると虚しい感じがしますね。

丁寧に暮らすということはどういうことなのか考えてみたいと思います。

自分自身のモノに対する審美眼があれば(スタイルの確立)、情報に振り回されることはありません。
現代のように、たえず一方的なメディア情報の中にいると、大切なものを見失ってしまいがちですが、この審美眼を持つことが大切です。

生活にいらないものは切り捨てることも時には必要です。
(趣味に合わない食器類はバザーに寄付をするなど、)

いくらお買い得と言われても、自分にとって必要のないもの、デザイン性が違うものはかえって高いと思ってしまいます。(浪費)
(安いという理由だけのキッチンツールや特に必要のない新製品の家電、又はお店の人に勧められたミスマッチな家具など・・・)

逆に一般的に高価なものでもそれを使うことによる副次的な効果を思うと、むしろ安いくらいです。(投資)
(私の場合、おいしくお酒を飲みたいのでグラス類は良いものを購入。)

生活用品にしてもリネン、カトラリー類なども気に入ったものしか買わない、と決めるとモノを大切に扱うようになります。

食事にしてもなるべく素材にこだわり手を加えて作る、またそのプロセス自体を楽しむと良いです。

子供には添加物の入ったものを与えたくない、と思えば自然とお手製のものになりますよね。

お花を飾ったり、家事も楽しんだり、そしてたまにはご褒美として自分のために時間をかけてコーヒーを入れてみたり、すごく大切なことだと思います。

仕事が忙しくストレスを感じている時などは、バスタイム・グッズ類にこだわってみても良いです。
バスキャンドルを浮かべて、浴室の照明を消すと(脱衣室は点けた状態)とてもリラックスできますよ。

また心地良いと感じる香りのアロマを生活に取り入れたり、上質な睡眠のためにベットリネンにこだわってみたり、と思いついたことはすぐに行動してみましょう。

明日からではなく、今から自分らしい暮らし方を始めていただきたいと思います。

情報に振り回され、自分らしさを失った生活は”豊かな暮らし”とは言えません。

自分で選んだモノを大切に扱い、手間を惜しまず、丁寧に暮らすことは自分の心を大切にすることですので、自分自身が豊かな気持ちになれるのだと思います。
(モノを丁寧に扱うこと。自分の心、他人の心も丁寧に扱うことに繋がります。)

そして、気持ちに余裕があると全てに対して優しくなれます。

コメント






管理者にだけ表示を許可する