FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

十三夜お月見
img01

明日10月30日は、旧暦9月13日で十三夜です。
別名を栗名月、豆名月とも呼ばれる十三夜。
この時期に収穫される作物に由来します。栗や枝豆など豆類を室礼します。

十三夜にお供えするお団子は、十三にちなみ十三個もしくは三個とします。
重ね方は十五夜の時と同じ様に一番下に九個、その上に四個で二段とします。
三個の場合は、重ねずに三角形を作るように並べます。

また明日は、一年に数日の大吉日である天赦日(てんしゃび)です。
百神が天に昇り会合し、天が万物の罪を赦す(許す)日であるとされ、万事にわたって最上の大吉日であると言われています。何をするにも幸運の日だそうです。

十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われていますが、皆様も是非十三夜のお月見を楽しまれて下さいね。

img01


ティーサロン告知記事
img01

上越タイムス誌に掲載されました日には、参加お申し込み者が定員となりました。
お申し込みいただきました皆様ありがとうございます。

今回は”日本女性”をイメージした香りです。
私が思う日本女性は、強く、清く、美しくでしょうか。
強さとは芯の強さ。本来の女性性に気づく香り。

このような抽象的な感性語だけで、今回のテーマを理解していただいた講師のAURAさんには感謝しております。

凛とした清らかな香りの調合には、とてもめずらしい精油を取り入れる予定ですのでお楽しみにして下さいね。

ブラックチェリージャム
img01

フランスのボルドー地方に伝わる伝統的な製法による「サン・ダルフォー」フルーツジャム。
特にブラックチェリージャムが大好きです。

お砂糖が入っていませんので、とてもヘルシーですね。果実本来の自然の甘さが味わえます。果実がかなり入っていますので、ヨーグルトやチーズに合わせたり、お菓子作りに、また紅茶に入れると美味です。(身体が温まります。)

ブラックチェリーは、カルシウム、カリウムなどのミネラル類や、タンニンなどの数多くのフラボノイド・ポリフェノール類を豊富に含むそうですね。

会社用に一瓶ストックしてあります。。。
パネル間仕切
img02 img01
長期優良住宅普及促進事業について
img01

国土交通省では、中小住宅生産者により供給される長期優良住宅に対して助成を行う「長期優良住宅普及促進事業」の募集を行っています。

この長期優良住宅普及促進事業は、住宅供給の主要な担い手である中小住宅生産者による長期優良住宅への取組及び住宅履歴情報の普及を図ることにより、良質な住宅ストックの形成を促進することを目的として、一定の条件を満たす木造の長期優良住宅に対し建設費の1割以内で100万円を上限として補助金が交付されます。

補助対象となる住宅は、法律に基づき長期優良住宅としての認定を受け、所定の住宅履歴情報を整備する必要があるほか、建設過程での一般公開や、年度内の一定時期までの竣工・引渡しなどが求められます。

長期優良住宅普及促進事業のサイトです。
http://www.cyj-shien.jp/
長期優良住宅先導事業についてのページです。
http://www.kenken.go.jp/chouki/
上越市の長期優良住宅認定制度についてのページです。
http://www.city.joetsu.niigata.jp/contents/town-planning/kentiku/yuryo_jutaku/
住宅性能評価機関
新潟建築確認検査機構のサイトです。
http://www.niigata-kikoh.com/
http://www.hyoukakyoukai.or.jp/kikan/chouki_info.html


img01

*弊社では、優良リノベーション事業にも力を入れ、統一基準に基づいた良質住宅をご提供させていただいております。

*長期優良住宅先導的モデル事業採択事業の決定については、こちらをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/report/press/house06_hh_000036.html/

<導入メリット>
1.質の向上:構造・躯体の耐久、耐震性、維持管理、間取りの可変性、省エネ、バリアフリー、防耐火性能、劣化対策
2.税制の優遇措置(所得税控除、固定資産税控除、住宅ローン減税、耐震改修補助金、ほか各種助成金)
3.補助金:総工事費の10%、最高200万円までの補助金
4.住宅履歴の発行:今後の工事履歴、隠ぺい部含め家歴書に登録
5.施工基準:国の基準をクリアし、建物の資産価値の評価が向上

img01
ルイス・バラガン展
img02 img01

□会期   2009年9月9日(水)~ 2010年1月24日(日)        
      11時より19時まで(毎週水曜日は21時まで延長)
□場所   ワタリウム美術館 
  (東京都渋谷区神宮前3-7-6 TEL 03-3402-3001)
□入場料  大人1,000円 学生800円(25歳以下)
      (期間中、何度も使えるパスポート制)
□主催   ワタリウム美術館 /メキシコ外務省 / カーサ・ルイス・バラガン財団
□会場構成 妹島和世+西沢立衛/SANAA

「バラガン邸」には、情感に満ちたメキシコの時間とシンプルで洗練された空間がみごとに調和します。十字架のような窓枠、金色に輝く光、ブーゲンビリアのお花のピンク一色に塗られたダイニング、空を切り取った屋上、そしてバラガンの友人たち、マティアス・ゲーリッツ(彫刻家)、チューチョ・レイエス(画家)などのオリジナル作品も多く展示されます。

現在、国際的に活躍される妹島和世+西沢立衛/SANAAが会場構成を担当し、「バラガン邸」がそのまま会場の中に作られます。オリジナル家具や骨董品など「バラガン邸」に今も遺る沢山の品々がメキシコ・シティのカーサ・ルイス・バラガン財団の特別な協力により、本展のために運びこまれます。

img01

カサマンス新作発表会
img01
img02
SEORITUHIME
img01

ピアニストJuriさんのアルバム「SEORITUHIME」を最近聴いています。
隣県の富山県高岡市生まれということで、とても親近感を覚えたこともきっかけ。

独自スタイルのヒーリングのピアノ曲を作曲されています。
タイトルになっています”SEORITUHIME”の曲がとても好きです。

水音のような清らかな女性的な曲に癒されます。
SEORITUHIMEとは、水の女神、瀬織津姫のこと。

*Juriさんのサイトです。
http://jurihealingmusic.web.fc2.com/

img02

img01

フランス、マドレーヌ寺院主祭壇の聖マグダラのマリアの歓喜という有名な像です。
何故かキリスト信者ではないのですが、マグダラのマリア様と瀬織津姫のイメージが重なります。
(瀬織津姫∞奴奈川姫∞マグダラマリア?)


ティーサロンのご案内
img03 img01 img02
img01 
Eco Design Style
~暮らしを楽しむ女性のためのセンスアップセミナー~
美しい香りのある暮らし

□内容  「天然香料で作るアロマ香水」
*制作したアロマ香水はお持ち帰りいただけます。
*イギリス直輸入の最高級エッセンシャルオイルを使用いたします。
□日時   平成21年11月7日(土) 11:30~14:30 
□講師   フラワースタジオAURA主宰 柳澤 絵里氏
http://www.flower-aura.com
□参加費  4,000円(材料費含む)ランチ代1,680円
□会場 THE SOUL様 (料亭やすね様1F)上越市仲町2-23
http://www.yasune.co.jp
□企画  Eco Design Style
http://design-style.blog.drecom.jp

img01

img01

~凛とした清らかな日本女性をイメージしたオリエンタル調の香水を作ります~
今回は珍しい精油も使用予定ですのでお楽しみにして下さい。


フォームとデザイン
img01 img02

巨匠ルイス・カーン氏の言葉。
フォームは形を持たずに寸法も持ちません。フォームは、本質と特性を持つだけです。
分かちがたい部分から成り立ち、それからひとつの部分を取り去ればフォームは消えてしまいます。それがフォームです。

デザインとは、フォームをあるべきものへと翻訳することです。
フォームは、存在するけど実在しないもの。
デザインは、実在へ向かい進むことです。
精神的な存在を具体的なものとするためにデザインされます。

デザインプロセスにおいて、住まいの本質を提示するフォームドローイングの重要性は、ルイス・カーン氏の実施図面集を書籍で拝読し実感しました。
デザインの普遍的なもの。


*上左写真 ワイス邸(ルイス・カーン氏設計)
水平のルーフライン、煙突の垂直線によるファサード。
*上右写真 コーマン邸(ルイス・カーン氏設計)
広い空間の中に親密な空間を。
*下写真 キンベル美術館(ルイス・カーン氏設計)
秩序のある空間。

img03 img04

Bon Chic
img01

自分らしく、趣味のいい暮らしを求める人のための新しいインテリア誌です。
創刊号は「大人のエレガント」がテーマ。ハイセンスな実例で定評のある「PLUS1LIVING」から、新しいインテリア誌が誕生しました。
上質な暮らしに向けたインテリアとリフォームの情報誌ですね。

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記