FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

化学物質過敏症に健保
img01

電子カルテシステムや電子化診療報酬請求書で使われる病名リストに、「化学物質過敏症(CS)」が新たに追加されるようですね。
診療費の自己負担が原則だったCS治療に健保が適用される道が開けました。
推定約70万人とされます化学物質過敏症患者の救済の大きな一歩となるのではないかと思います。
意匠型ペイント
img02 img01

インテリアペイントは、より意匠性の高いものが増えてきました。

砂目調のペイント(上左写真)は、独特の色合いと美しい仕上がりをもつペイントです。
豊富なカラーバリエーションに加え、細かい砂が入っているため、砂壁のような仕上りとなります。落ち着きのある質感ですので、和室のリフォームにもお勧めです。

また美しい陰影を演出するスウェード調ペイント(上右写真)は、住宅をはじめホテル、店舗など商業空間にも取り入れられています。起毛したスウェード調の質感、手触りがとても上質です。従来のインテリアペイントにない高級感のある質感が特徴ですね。

img01
Kinnamark
img01 img02 img03

スカンジナビアの伝統とインターナショナルトレンドを融合させたスウェーデンテキスタイルブランド、Kinnamark(シナマーク)の取り扱いを始めました。

カーテンスタイル及び縫製は、自社オリジナル仕様となります。
*ウインドウトリートメント・ソフトファニシングデザインプラン~縫製~取付施工。

img01
塗装工事
img01 img04
img01 img02
木製サッシ取付
img01 img02
img04 img03
公益資本主義提唱の本
img01

社会貢献型ビジネスを目指し、ビジョンを掲げて会社を設立した私にとっては待望の書籍です。
会社は誰のものなのか(会社法では株主のものが正解ですが)、経済(経世済民)はそもそも人々と社会を豊かに幸せにするものではなかったのだろうかという思いがよぎります。

現在の金融資本主義経済では、他者の利益を奪うことで自分たちの利益を最大化しようとするゼロ・サムゲームの経営に陥っています。そこにある利益は、自分たちだけの私益です。しかし、利益は私益だけではなく共益という仲間と一緒に利益を得ることや、公益というものもあります。(協働協栄、分かち合いビジネスなど。)
21世紀における新たな「資本主義と公益の関係」について提唱されている有益な本です。
能登珪藻土壁塗り体験会
img02img01

能登珪藻土壁塗り体験会のご案内です。
□日時 平成21年7月12日(日)PM1:00~PM5:00
□内容 能登珪藻土のメーカー、日本ダイヤコム工業株式会社社長様より製品のご説明後、職人さんからレクチャーいただきながら実際に壁塗りに挑戦します。
□場所 上越市大町新築現場
□お申込先
    美空間デザイン事務所(TEL 025-525-3620)
*お申し込み時に場所等のご案内を致します。

img01


img01
ヤコブソン・ランプ
img01 img02

ヤコブソン・ランプは北欧のデザイナー、ハンス-アウネ・ヤコブソン氏がデザインした照明です。吟味され、じっくり自然乾燥させた北欧産のパイン(マツ)材を薄くスライスした材料を活かしたデザインが特徴です。
ダイニングテーブル上にお勧めのペンダントライト(P2422)です。

薄いパイン材のセードを通してほのかな光の温もりが感じられ、人間味あふれる優しい灯りに仕上がっています。


img01

*シリーズでコーディネートしても良いですね。
杉無垢フローリング
img02

九州の三大美林のひとつと言われ、林業の盛んな大分県日田町産の杉無垢材です。
柔らかな踏み心地、美しく真直ぐな木理が特徴です。
自然が造詣した1/fゆらぎの木理を眺めていると、とても落ち着きますね。

素材等のバランスを考慮し、節のあるものと無節のものを並べて調整しながら施工しています。防腐処理をせず天日乾燥仕上げの杉材ですので、過敏症のかたにも安心していただけます。施工の際の接着剤は、天然ニカワを使います。

仕上げは、木の呼吸をさまたげない自然塗料や蜜ロウワックスがお勧めです。

img03

*現場では大工さんのアイデアでニカワ接着剤をお湯を入れた容器に入れています。
冷えると固まるという性質があるため。

img01

花精油ロータス
IMG01

先日アロマ香水のお話中"ロータス(蓮)オイル”の話題になったこともあり、とても惹かれていました。早速取り寄せて体感しました。(即行動です、、、)

甘くて上品な香りなのに、神秘的でとてもリラックスできる不思議な香り。
バリ島のリゾートスパのよう。
アロマ香水にブレンドしたり、香りランプ、入浴にと取り入れています。
リフォーム減税
img02 img01

今年の4月からリフォーム減税の規模が新たに拡大し、国や自治体で様々な制度が実施されています。新しく始まりました投資型減税は、耐震、省エネ、バリアフリーの3種類のリフォーム工事でローンを組まなくても利用できる制度となっています。

今回新設されました”投資型減税”は、自己資金によるリフォームでも所得税の還付が受けられることが可能の制度です。

平成21年4月1日~平成22年12月31日までリフォーム後の住宅に入居した人を対象に、最大20万円(対象工事の10%)がその年の所得税から控除されるようですね。

□国土交通省サイトです。
http://www.mlit.go.jp
外装工事
img01 img02
img02 img01
アロマ香水講座記事
img01

先日行いましたEco Design Style暮らしを楽しむ女性のためのセンスアップセミナー「アロマ香水講座」の様子について、本日付の上越タイムス誌に記事掲載されました。

講座の募集2日後には、ほぼ定員となり多くのかたにお断りをいれたほど反響がありました。当日ご参加いただいた方々からも次回要望の声が多く、現在企画をしております。

キーワード「日本女性」。前回と少し志向をかえますが、前回同様に参加者に喜んでいただける内容でおもてなしの心を大切に企画しております。ご期待くださいね。

暮らしの中で心豊かな気持ちになれるエッセンスをお伝えでき、それを参加者のかたが受け止めて下さることは主催者としてとても嬉しい一時です。
暮らしは楽しむものですから。

Eco Design Style
http://design-style.blog.drecom.jp


img01

 私もアロマ香水レシピで作りました。とても上品で柔らかな香りです。
 寝る時、お仕事中などつけています。
杉パネル
img01 img02

杉パネルとは、国産の杉材を用いた三層クロスパネルのことです。
厚み、幅の大きいパネル材は安定した強度を保ち、床、壁、天井の他家具など様々な用途に使えます。厚みが36㎜ありますので、断熱、遮音効果も期待できますね。

下地、仕上げを兼用でき、今回は3×6サイズを2F床材、そして一部2F床材とその下のダイニングの天井に床材現しとして取り入れています。(写真は施工の様子です。)

img01
ウリンデッキ材
img01

ウリンは、日本ではあまり馴染みのない木材ですが、東南アジア地域で最も重硬で耐久、耐水、耐摩擦性の高い木材のひとつで、大変強度にも優れています。
他の樹種と比較し材質が安定しており、割れ、反り、曲がり等の狂いが少ないのが特徴です。色調は濃褐色です。

またシロアリなどの虫害に強く、水中や海中に使える唯一の木材で耐腐朽性に富み、薬剤処理をする必要がありません。人の健康、環境に負荷をかけません。

100年耐久性のある木として知られ、欧米諸国でも高い評価を受けています。

img01
インテリアライフスタイル展商材
img02 img01
img03

スウェーデン製のテキスタイルデザインです。
海外のファブリックは、コットンやリネンなど天然素材が中心です。

img04

img06 img05

ラインビューは、よりバリエーションが豊富になりプリント柄のコレクションもありました。従来のプリントと違い、特殊プリント加工をしていますので、裏表どちらからも柄がはっきり表現されていて、窓辺やタペストリーだけでなく間仕切り、また店舗サインにも良いですね。

img07 img08

タイシルクシェードのペンダントランプです。

img01
StyleJapan Restaurant
img01

ライフスタイル提案型見本市「インテリア ライフスタイル」に行って来ました。
国内外のデザイン性とクオリティの高い製品で会場は埋め尽くされていました。

今年は中央アトリウム会場に「デザイン+テクノロジー」というコンセプトで行われる「Design Perspectibe」(デザインパースペクティブ)をはじめ、食とインテリアの融合をコンセプトにした「Style Japan」(ジャパンスタイル)、北欧デザインを集結した「NORDIC LIFESTYLE」(ノルディックライフスタイル)など計7つの特別企画エリアを設定され、トレンドを先取りした斬新な商品が勢揃いしていました。

Style Japan + Style Japan Restaurantでは、日本のライフスタイルに新しいアイデアを提案するというコンセプトで、家具、雑貨、ホームテキスタイルなど多様な商品が展示されていました。

そして、この空間に、カフェレストラン「Style Japan Restaurant(スタイル・ジャパン・レストラン)」が設けられていました。
各出展ブースで見られる実際の椅子やテーブルが提供されていました。

気になっているブランドの椅子に、ラウンジ感覚でくつろげます。またレストランで提供されるお料理は、前デンマーク大使館エグゼクティブ・シェフのティラック・バスナヤカ氏による特別なプレートです。とても賑わっていたエリアでした。
屋根工事
img01 img03

建て方で骨組が出来てから始めに行うのが屋根工事になります。
天候に影響を受けずに内部工事を施工するためです。
屋根の下地の垂木、野地板等の取り付け、断熱、防水工事のあとに、瓦や金属などで屋根を仕上げていきます。

その後、外壁の下地材の取り付け、外装工事と金属建具の取り付けになります。
内部では、床の下地工事(断熱工事)と並行して、給排水やガスなど床下の配管工事を進めていきます。また電気配線工事では、照明、スイッチ、コンセントの位置や数の確認などボードで壁を仕上げる前に確認していきます。

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記