FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

凛の家LOHASモニター様募集
img01
img02

来週、上越タイムス誌に「凛の家」広告が掲載されます。
そちらの広告文に、凛の家LOHASモニター様募集のご案内をいたします。

□凛の家コンセプト
自然素材の持つ可能性や豊かさ、美しさを極力生かした住まいづくり、そして家族のライフスタイルに合わせた心地良い暮らしのご提案をします。

□凛の家をお勧めしたいLOHASなかた
・快適で健康的な家で暮らしたいかた
・小さなお子様、又は高齢者のいらっしゃるかた
・家族の健康を第一に考えているかた
・従来の家づくりに不満があり、自分らしい住まいづくりに自らも参加したいかた

子育て世代でご予算が限られているなか、お子様の健康が気になっているかたへは、最優先したいと考えております。様々なエコ仕様特典もご用意しております。

お問い合わせ後、直営式家づくり及びLOHASモニター様システムのご説明と自然素材についてのお話等(自然素材の体感)させていただきます。
お気軽にご連絡くださいね。

*直営式家づくりプロジェクト・凛の家の詳細につきましては、こちらの凛の家サイトをご覧下さい。

img01


Eco Design Style ティーサロンの様子
img01 img02

img03 img04

Eco Design Style ティーサロン 「手軽に楽しむ 女性のためのアロマセラピー」を行いました。今年のテーマは、「美しい香りのある暮らし」です。

第一回目の今回は精油を使ってルームフレグランス作り。
次回(6月開催)は天然精油で作るアロマ香水。
こちらの内容は、おそらくこの地域初企画になると思います。ご期待くださいね。
そして、9月開催ではプリザーブドフラワーのポプリアレンジを行います。
今年は、アロマを用いた空間演出についての内容となります。

昨年に引き続きましてフラワースタジオAURA柳澤絵里さんに講師をお願いしました。
(*素敵なサイトをご覧下さいね。→http://www.flower-aura.com )

前半のアロマセラピーの基礎知識のお話、アロマの活用方法についてはとても丁寧にレクチャーいただきました。実際に様々な精油の香りを試したりと楽しい時間でした。
会場はエンヤの曲が静かに流れ、そしてアロマの良い香りの空間はとても心地良く、ストレスフルの脳を癒します。

後半は、精油を使ってルームフレグランスを作りました。
3種類の香りの組合わせの中から、私はリラックスフラワリー系を選びました。

今回様々な精油の香りを試し改めて実感したことは、私自身濃厚な香りに弱いという点。(ジャスミン、イランイラン、サンダルウッドなど、人によっては強い香りが私には心地良いです。)
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

img01

早速、事務所のルームフレッシュナーとして使っています。
(レシピはイランイラン、マンダリン、ベルガモット、ベンゾイン。)
丁度開催した昨日はホワイトデー。自分へのプレゼントになりました。
手作りちらし
img01 img01

凛の家コンセプトパンフレットに差し込む提案型ちらしが完成しました。
今回は、ご要望の多かった子育て世代へ向けたライフスタイル提案になっています。

間取り、仕様、資金について、なるべくわかりやすさを心がけました。
手作り(スタッフ女性による)ちらしにこだわったのは、家づくりに関しても手仕事を大切にしていることと、従来のフォーマットに縛られず自由に発想してもらいたかったから。
結構見やすく出来たと思います。

凛の家家づくりコンセプトは、特に子育て世代の女性の方々に賛同され大変嬉しく思います。現在進行中プロジェクトのクライアント様も子育て世代でLOHASなかた。

子育て世代のかたへの情報発信として、昨年子育て応援ひろば・ふぅ様にて会員様向け講座を行いました。今後も母親の立場で、子供たちの健康、環境について大切なことを暮らし方を通して伝えていけたらと考えています。

その時にお話しました一部をコラムにして載せてありますのでご覧ください。
*参照コラム 2008.11.6 「子供の感性を育むインテリア」
http://interiorworks.blog39.fc2.com/blog-entry-520.html

*直営式家づくりプロジェクト・凛の家の詳細につきましては、こちらの凛の家サイトをご覧下さい。

img01

くつろぎの空間
img02 img02 img01

インテリアデザインの目的をひとつ挙げるとしたら”くつろぎの追求”だと思います。
住みやすさと住み心地を考えたときに、住み心地・ソフトの面への対応が住宅の本質ではないかと思います。五感を総合的に融合させた”意”がインテリアデザインの本質。

くつろぎの空間造りが主で、装飾・コーディネートという意味のインテリアはあくまでも従だと考えます。(主と従を明確にしないとデザインはできません。)

形や素材を斬新にしたり、とても奇妙な形を創造することがデザインなのではなく、一見何げない生活の中から斬新な発想で取り出す独創性がデザインの本質ではないかと感じます。生活の中から思いやりや優しさを視点としたものが本来のデザイン。

また住まいは人としての躾をする場でもあります。
食事をする場、くつろぐ場、寝室は、特にそのような視点でインテリアデザインをします。
(特に食を通じて会話をし、躾を学んでいくことが重要。)

くつろぎの空間。
家族一人一人が同じスペースに居て、それぞれの行動をしながらもお互いの行動が把握できる空間が私が心がけているくつろぎの空間デザインの視点です。



img01

スペースに余裕がある場合、大きめサイズのダイニングテーブルをご提案します。
作業テーブルとしても使えますし、お子様が小さいうちはこのようなテーブルで勉強することが多いからです。

またダイニングのプランをする際に同時に子供室についてよくご質問をうけますが、私の考えは最小限スペース(机、ベット、クローゼット)があれば十分で、時にはひとり泣くスペースがあれば良いと思っています。

普段は、家族の顔が見えるところで勉強するほうが落ち着くのではないでしょうか。

ハーフェレ家具金物
img01 img02

造作家具に用いる家具用金物は、ハーフェレ社製品を用いることが多いです。
ハーフェレは、本社ドイツを中心に世界30カ国以上に展開する家具及び建築用金物の世界的ブランドです。

ショールームでは、家具用金物では収納、キッチンキャビネット向け機能性金具やハロゲンライトに代わる省エネライトとして期待できる家具用蛍光ランプ、デザインガラスパネルなどを展示しています。

さらに、レバーハンドル、ドアハンドル、家具取手もヨーロッパのトレンドを反映した様々なデザインが揃います。意匠・機能・品質ともに気に入っているメーカーです。

img01

エコビレッジ国際会議TOKYO2009
img01 img02

img01

持続可能なコミュニティモデル、エコビレッジをテーマにした国内唯一の国際会議が開催されます。

□日時: 2009年4月24日(金)~26日(日)

□場所: 第1会場 東京ウィメンズプラザ(ホール、視聴覚室、第1会議室)、第2会場 国連大学(エリザベスローズホール、レセプションホール)他

□主催: NPO法人ビーグッドカフェ
http://begoodcafe.com/main/ecvc2009

□共催: NPO法人パーマカルチャー・センター・ジャパン

□後援: 環境省、国土交通省、国連人間居住計画、国連訓練調査研究所、日本大学生物資源科学部、21世紀社会デザイン研究学会、デンマーク大使館、福島県飯舘村

□概要:
国内外のゲスト~先駆者に聞く世界・アジア・日本の最新動向
国内のエコビレッジ実践者による報告~日本型エコビレッジ
西欧型/アジア型/日本型、都会型/田舎型など、多彩なエコビレッジ関係者を交えてのパネルディスカッション
「農業」「教育」「地域再生」「事業/起業」「アート」などエコビレッジの各要素を掘り下げる分科会
その他、音楽ライブ、ワークショップ、書籍販売/展示/交流エリアなど

img01

-エコビレッジとは-
img03

エコビレッジとは、都会でも田舎でも、「お互いが支え合う社会づくり」と「環境に負荷の少ない暮らし方」を追い求める人が作るコミュニティのことです。

お互いが助け合うという社会構造が徐々に崩壊し、地球の急激な環境悪化を食い止めようということへの参加意識が、エコビレッジへの原動力へとなっています。

人々がもう一度地球につながり、無限の未来を信じられる健康で幸せなライフスタイルを確保できるコミュニティの中で生きることができるように、エコビレッジは今や意識的に世界中で創られています。
1998年に、エコビレッジは国連の選ぶ持続可能なライフスタイルのすばらしいモデルとして 「100 Listing of Best Practice」(最もよい実践例の100のリスト)のひとつに初めて正式に名前が挙げられました。

<エコビレッジの特徴>
・持続可能なエネルギーや水、物質の利用・再利用の実践
・持続可能な食料自給
・持続可能なコミュニティ形成

エコビレッジがコミュニティとして持続するためには、経済的にも循環が生じることが大切です。
お互いが出来ることで支え合う地域通貨、住民の環境プロジェクトなどに対して無担保で融資する市民銀行やマイクロクレジットなど、新しい工夫が必要です。

いま世界中に「エコビレッジ」が広がっています。 健康で環境負荷のない協同的な生活が、世界中の15,000カ所でエコビレッジ運動として始まっています。

*参照コラム 2006.3.28 「21世紀の住宅=エコハウス」
http://interiorworks.blog39.fc2.com/blog-entry-281.html


卒業式
img01

昨日は長男の中学校卒業式でした。
お天気にも恵まれて良かったです。

式の最中は、小さい頃のことを思い出し感慨に浸っていました。
生まれてすぐに私の指を握って離さず、看護婦さんが指をくすぐってはずしてくれたこと。
いつも私から離れず、少しでも顔が見えなくなると大泣き状態でした。

いつのまにか成長し、今は泣き虫だった面影もなく・・母としては少し複雑な心境です。
父母もこんな思いだったのでしょうね。

PS室内気候システム
img03img01img02

PS室内気候システムは、パイプ中の水温によって周囲に輻射冷却・輻射熱を送る自然に最も近い理想的な冷暖房システムです。

エアコンのように部屋の空気をまわすことなく、自然対流により周囲の温度を変化させますので、アトビーや花粉症で悩む方や、冷房に弱い女性や乳児・高齢者の方々にも優しい空調システムとして注目を浴びています。

自然対流という特徴を活かして、吹き抜け空間にも効果的に涼しさ・暖かさをつくることができます。自然に近い心地よい空間で、時間を過ごすことができます。

住宅だけでなく、レストラン、オフィス、ホール、医療施設、福祉施設など様々なシチュエーションでもお使いいただけます。

img01
花祭の室礼
img03 img02 img01

四月八日は仏教を開いたお釈迦様の誕生日、又は仏生会(ぶっしょうえ)、誕生会(たんじょうえ)です。その誕生日には寺の境内にお花で飾ったお堂「花御堂(はなみどう)」を設け、安置した誕生仏像に参詣者が甘茶をそそぎます。
(その日、甘露の雨が降ったという言い伝えがあるからです。)

お釈迦様の誕生を祝うと同時に、わが子が釈尊のように強く賢く成長することを祈る日でもあります。

笋(しゅん)を季節の花と一緒に盛ります。 笋とは顔を出したばかりの筍のことで、別称仏影蔬といいます。土から真上に伸びる姿は釈尊が誕生された時、天地をさして 「天上天下唯我独尊」といわれたというお姿を写しています 。

笋と満開の桜で室礼をします。古代の人は植物の命を人の命、花の一生を人の一生に重ねて考えていたのでしょう。仏様に関する言葉の盛り物としまして、独活(うど、独立心を象徴)や空豆(そらまめ、別称、仏豆)も花祭に欠かせないものです。

img04

花御堂に見立てた室礼です。

img05

甘茶をいただくテーブルには、数珠、数珠玉、そして五色の散華(さんげ)をしつらえます。
散華は、仏教の法会にまく花で、蓮の花びらを紙で作ったものが一般的です。
中国の五常(ごじょう)、儒教において人が常に守るべき道徳である仁・礼・信・義・智を表す青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)と中国思想の五行説で決まっています。

-五行配当-
木 = 東  = 春  = 青(緑) = 仁
火 = 南  = 夏  = 赤    = 礼
土 = 中央 = 土用 = 黄    = 信
金 = 西  = 秋  = 白    = 義
水 = 北  = 冬  = 黒(紫) = 智

古代日本人は、言霊・音霊・色霊・数霊を大切にし、感謝と祈りの心を形(縁起の盛り物)に托したのですね。
そして、日にこだわり一年の節目となる節日をとても大切にしてきました。

年中行事は世界に誇れる日本文化であると思いますし、色褪せることなく、次世代の子供たちに伝えてゆきたい心です。

*今まで掲載しました「年中行事-室礼-」も是非ご覧下さい。
http://interiorworks.blog39.fc2.com/blog-category-29.html

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記