FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東京デザイナーズウィーク2008
img01 img02

NPO法人デザインアソシエーションが主催する国内最大規模の複合型デザインイベント「東京デザイナーズウィーク2008」が、昨日開幕されました。

今年で23回目を迎える「東京デザイナーズウィーク」は、インテリアから建築、ファッション、家電など最新のデザインが集結する注目度の高いデザインイベントです。
国内外から500を超える企業や大使館、デザイナー、学生、ショップ関連が参加し、様々な切り口で最新デザインを発信されます。

メイン企画は、ロンドンが発祥のコンテンポラリー・インテリアデザインの国際見本市「100% Design Tokyo」。今回はメインの「100% Design」の他、デザイナーに焦点を当てた「100% Designer」、照明メーカー、照明デザイナーのための展示カテゴリー「100% light」、フリーランスデザイナーなどの試作品を提案する「100% prototype」、そしてトップクラスの著名デザイナーによる最高峰のエキビジション「100% professional」など、テーマによってブースを細分化、より分かりやすい構成です。

会期は11月3日(月・祝)までですが、会場アクセスなど詳細はサイトをご覧ください。
DEISIGN CHANNEL 公式サイト→http://www.design-channel.jp/

ルナファーザー壁紙
img01

ヨーロッパで100年以上にわたり愛用されているルナファーザーは、素材パターンと色の組み合わせで、お部屋のインテリアを思いのままに演出できます。
また、自然素材ですので通気性や透湿性に優れ、結露やカビの発生を抑えます。

塗装下地壁紙ルナファーザーフリーズは、簡単な調整を施すだけで、ブラスターボード・コンクリート・モルタルなどの下地に施工が出来ます。
紙に凹凸がありますので、下地の影響が表面に出にくく、施工の作業効率は良いです。
塗装作業の際にもローラー塗装のため刷毛ムラが出にくく、DIYでも美しく仕上げることが可能です。

また多少の汚れは、濡れ雑巾で拭き取れます。
小さな傷であれば、残しておいた塗料で補修もでき、日頃のお手入れが容易です。

メンテナンスやリフォームは、そのままインテリアペイントを塗り重ねます。
他の色に塗り替えも可能で、再塗装は7~8回程できます。
長期間にわたり張り替える事なく使用できますので、従来の壁紙のように改装時の張り替えによるゴミの発生が無く、長期間にわたり廃棄物の減量に貢献します。

img01

□実際にルナファーザー壁紙の施工宅をご覧になりたいかたへ、OB顧客様邸への見学も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
素材の美しさや室内の空気質の高さを実感していただけると思います。
西洋漆喰フランス壁
img02img03

南仏プロヴァンスの石灰岩をベースに作られた、人にも環境にも優しい室内専用塗り壁です。
施工時も安全に作業ができ、居住しながら施工するリフォームにも最適です。

調湿効果、消臭効果、静電気防止などに優れ、ノーブルで鮮やかな色調と様々なテクスチャーを楽しめます。またフランスでは、準不燃を取得し耐火性にも優れます。
下地を選ばず、プラスターボード、木、モルタルなどどんな下地にも使用可能です。
(外装仕上げ材シリーズもあります。 )

img01


天然無垢フローリング
img01

img03 img02

オリジナル天然無垢フローリングは、薬剤処理していない木材を使用します。
(内装材としては、自然科学の視点から特に人に優しい木材のナラ、カバ、マツ、サクラなどをお勧めしています。)

塗装はAURO社の自然塗料、又は無塗装のものに蜜ロウワックスで仕上げます。
床張り施工の際に化学系接着剤は一切使用しないため、上右写真の天然にかわ接着剤を用います。

img01
凛の家体験会のご案内
img01 img012

□内容  エコハウス凛の家体験会&ランチパーティ

有機的建築、流動的デザインを体感しながらお家をご案内いたします。
様々な自然素材のご紹介、そして自然素材のバランスの良い取り入れ方のお話など。
(ティータイムを挟みながら。)

~ランチはテラスでパスタを~ 
電磁波が出ないラジエントクッキングヒーターも体感できます。

□日時  2008年10月30日(木)AM10:30~PM3:00
□場所  上越市浦川原区柿野の家
アクセントウォール
img01 img02

色彩を効果的に住まいに取り入れてみてはいかがでしょうか。

壁の一面をお気に入りの色でペイントしたり、またデザイン性のある壁紙を張りお部屋のフォーカルポイントにするアクセントウォールは、世界的にも人気のあるインテリアスタイリング術です。

例えば、リビングでしたらソファの背面、アートを飾っているコーナーがあったらその壁面、寝室ではベットヘッドの壁一面などがお勧めです。

img01

□輸入壁紙はデザイン性の高いものが多いです。最近は大柄デザインのものが増えています。

ラグジュアリーカーテン
img02 img01

img04 img03

インテリアトレンドはシンプルモダンから装飾を楽しむクラシックモダンへと移行しています。
ラグジュアリー、フェミニンといった要素がキーワードです。

カーテン文化の歴史が長いヨーロッパでは、縫製やスタイリングを工夫して楽しむのが一般的です。仕上がりパターンなども二重のカーテンをボタンで着脱可能にしたもの、革の飾り紐で分け目を結んだもの、布地以外のものをアクセントに取り入れたりバリエーションが豊富です。

カーテンレールは、トレンドはポールに吊るすのが主流で、カーテンにハトメをつけ通すアイレットタイプです。布地を切り替えたヘッドボーダータイプもお勧めスタイルです。
また、小窓でしたら紐状にしてポールに直接結ぶという吊るしかたもあります。

他には、スワッグ&テールバランススタイルやディテールにこだわったデザインのウインドウスタイリングは得意としております。

日本では(北海道以外)、カーテンの裾は床より1~2㎝上げて縫製しますが、ラグジュアリーを演出するスタイリングでは少し床を引きずるくらいが丁度バランスがよい寸法、プロポーションスケールです。



~ウインドウデザインのながれ~
img01

img01img01

イメージパース、デザインコンセプトボード。(上左写真)
ファブリックは、実際に生地サンプルで柄やテクスチャーを確認します。

*国内メーカーのオーダーカーテンは、ご注文いただいてから約1週間程度で納品、取り付けできますが、フランスへ直接オーダーするオートクチュールカーテンに関しましては、4~6週間程度かかります。
輸入(又は国内)ファブリックを使用して指定の縫製工場で作る場合は、1~2週間かかります。

img01

子供と楽しむインテリア講座
img01 img00

子供と楽しむインテリア講座のカリキュラムです。
□日時   2008年10月22日(水)AM10:00~11:30
□場所   子育て応援ひろば・ふぅ (上越市中田原1)
□参加者 NPOマミーズネット及びふぅ会員様、子供のインテリアに関心のあるかた
□内容  子供と過ごす空間を楽しくお洒落にするポイント、色彩の使い方、子供にやさしいエコ素材についてなど
□カリキュラム
1.インテリアコーディネートの基本
2.子育て中のインテリアのポイント
1.)子供のスペースと共有スペース
2.)整理整頓と脳の関係
3.)カラーの心理効果
4.)子供の感性を育むインテリア
~自然素材のインテリア~

7才まではからだをつくることが大きな課題で、そこに結びついた意志の教育の時期と言われています。まねや模倣していくこと、生活空間にリズムをつけることがこの時期の子供にとって必要なこと。
生活リズムがないと子供は不安になり落ち着かなくなるのです。
このような視点から、子育て中のインテリアのお話をしたいと考えております。

img01


JAPANTEX2008
img02

img01

JAPANTEXはウィンドートリートメント、フロアカバリング、ウォールカバリングなどのインテリアファブリックスを中心に新製品の発表の場として、 ライフスタイル・インテリアスタイルの提案や、最新のトレンドを発信するインテリアの展示会です。

第27回JAPANTEX2008は、IPEC2008、そしてインテリアフェスティバル2008との同時開催により総合大型インテリア展示会として、国内外からも注目を浴びています。

□会期    : 2008年11月19日(水)~22日(土) 4日間
□開催時間 : 10:00~18:00 (最終日は17:00終了)
□会場    : 東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示ホール1・2・3・4
□主催    : 社団法人日本インテリアファブリックス協会
□テーマ    : ネクストデザイン インテリアスタイル
□入場料   : 1,000円
□同時開催  : IPEC‐2008(有限責任中間法人日本インテリアプランナー協会)  
          インテリアフェスティバル2008(社団法人インテリア産業協会)
IFFT/インテリア ライフスタイル リビング
□JAPANTEX2008公式サイト
http://www.japantex.jp/

次世代インテリア機能性液晶フィルム
img01 img02
img01 img02

インテリア、プロモーション、アートなど様々なシチュエーションに対応可能な、次世代の液晶フィルムです。光の明減や映像を投射することにより、ハイクオリティな空間演出を実現することができます。

機能性液晶フィルムとは、通常淡い光を通す不透明(上左写真)な状態ですが、通電すると透明(上右写真)に変化します。

液晶ですので、画像を映し出すスクリーンとしても利用出来ます。フィルムタイプのため、薄く、軽く、曲線への使用も可能で、様々な空間の演出を可能にします。
窓ガラスに使うとガラスが強化し防犯対策にもなり、衝撃をうけ破損しても飛散が少なく安全面でも効果的ですね。

また低電圧・低電力な上、太陽光カットで省エネ効果も抜群なうえ、プロジェクター投影で液晶テレビ並みの映像表現(下右写真)が可能となります。

img01
自然塗料クレイペイント
img01 img02

自然塗料クレイペイントは、ドイツで生まれた粘土で作られた内壁用の自然塗料です。
新築はもちろんですが、既存のクロスの上からも施工が可能なため内壁のリフォームにも最適です。

自然で高級感のある内壁に仕上がり、暖かみのある光の反射で心地よい空間を提供します。
クレイペイントは、室内に蔓延する有害物質を吸着させる効果もあります。

ムラになりにくいため、手軽に施工が出来ますのでDIYに関心のあるかたへお勧めです。
(通気性が高く乾燥状態を保ち、下地を傷めません 。)
クレイペイントはローラーで簡単に壁を塗れるため、下地がしっかりしていれば、誰でも手軽に塗装する事が出来ます。

自分で塗ることによりコストも安く抑えられ、補修などのメンテナンスにも対応できるようになりますので、ランニングコストをおさえ、またご家族で塗る事でコミュニケーションの良い機会になると思います。
皆様もクレイペイントで体に良い住まいを楽しく造り上げてみてはいかがでしょうか。


img01

美空間デザイン事務所のリフォーム部では、DIYに関心があるのですが養生や塗り方のコツを教えてもらいたいというかたへ、ハーフDIYエコリフォーム(職人の指導、道具類貸し出しサービス付き)のサービスも承っておりますので、お気軽にご相談ください。
また途中で職人へバトンタッチも可能です。

また不定期開催ですが、エコ建材でDIY体験会も行っております。
今年6月に行いましたエコペイント体験会の様子は、こちらのコラムを参照ください。
http://interiorworks.blog39.fc2.com/blog-entry-428.html


img01
フューチャーウォール新コレクション
img01 img02 img03

取り扱いメーカーの海外壁紙ブランド、デコールメゾンのフューチャーウォールに新たなモチーフを取り入れた新柄が加わりました。

壁面を一枚の絵のようにディスプレイするフューチャーウォール。
空間のアクセサリーとして、ポイントとしてデザイン貼りをお勧めしております。

北欧デザインの定番である植物柄の意匠パターン、またトリックアートを取り入れた遊び心溢れるもの、フレームにネックレスやジュエリーデザイン(上右写真)、ラグジュアリー感のあるデザインまで豊富なパターンからお選びいただけます。

img01
↑商品のカタログ、資料等はこちらからご請求ください。

七五三の室礼
img01 img03 img02

子供達の成長過程を無事過ぎることのお祝と、厄除けの行事である七五三。
昔は、七歳までは神の子で、七歳から人格を持つと考えられていたため神社にそのご挨拶にうかがうため正装したことが七五三の由来であると言われています。

日付が11月15日に固定されてきたのは江戸時代のことで、この11月15日は二十八宿という吉凶占いで大吉の日でした。

庶民もこれにならって、子供が三歳、五歳、七歳になった年の11月15日に氏神様に参拝し、その年齢になったことを感謝し、さらなる健康と成長を祈願するようになりました。
福禄寿のうち、七歳まではとにかく健康であること、寿が大切ですね。
(近年は、15日にこだわらず11月中におこなうようになってきました。)

神域に福を呼ぶ室礼として、柿、千歳飴、榊など。
柿は嘉来の文字をあてて、七歳になった喜びを表します。
木偏に神と書く榊(さかき)には麻を結びます。麻には魔よけの力があるとされ、神社でお祓いに用いる大幣も麻で作られています。また邪を祓う赤い色のものも室礼します。

室礼する盛り物の型に気持ちを入れることと、それを大切にすることが本来の室礼であると思います。
子供が七歳を過ぎても毎年続けていくことも素敵なことですね。
(我が家では、七歳を過ぎたころから福を願います。魅力があり好かれる人に成長してほしいということ。そして十三歳頃からは子供の心の成長を願い、王道である福禄寿がそなわることを祈念します。)

img01

子供が大きくなってもこの時期お店で見かけると買ってしまう千歳飴。
千歳飴の袋を使って室礼を楽しまれてはいかがでしょうか。

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記