FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ラッセルの欅家具搬入
img01 img04

img02 img03

高柳の材木所に欅を仕入れに行った事がつい先日のようですが、こうして家具をお届けできてひと安心でした。

一枚の欅板を半分に割り、ダイニングテーブルと座卓を製作しました。
仕上げの塗料は、ドイツのナチュラル社の自然塗料を使用しています。
お手入れをしながら、愛着を持って長く使ってもらえると嬉しいです。

仕入れ段階からお付き合いいただいた家具職人のラッセルは、とても感慨深そうでした。
作品は家具職人にとって副産物なのでしょうね。
カメラを向けたら、きちんと正座をしてとても日本的なかた。

イメージプラン通り、ラスティックな仕上がりになっていました。
また自然のカタチに極力人工的に手を加えたくないという思いは、三者共通していましたので、プランから製作工程までスムーズに進めることができました。

近々、美味しいお酒を持って伺おうと思っています。
キッチン収納家具製作
img01 img02

収納家具の製作工程確認のため工房へ行ってきました。
現在、下段カウンター及び扉付き収納部が組み立てあがった状態です。

作業スペースになる天板部分は、自然塗料の塗り回数を多めにし塗膜を作るためこの部分のみ塗装を数回終えた状態です。
他の部分は、まだ未塗装状態です。

パーツでは出来ていますが、このあと中段サービスカウンター・小物棚と上段オープン棚と扉付き棚を組み立てていきます。

全て杉無垢材を使用して、リボス自然塗料で仕上げていきます。
また材料を平均的に使用するため、杉材の赤みのある箇所を棚板に使用します。
実際にこちらのほうが防虫効果がありますが、見える部分は意匠的に白い部分と混ぜて用います。

作業スペース用のスツールもほぼ形が出来上がっていました。
腰当てをつけましたので、座り心地は良かったですね。



オーダー家具の依頼を受けた際は、特別なことがない限り自然素材等で製作しています。
(仕上げまで細部に渡り安全な素材にこだわります。)

私がプロデュースするエコハウスのコンセプトに合う家具(造作家具、テーブル、椅子、置き家具、ソファなど)もこれから少しずつデザイン製作していきたいと考えています。

名作家具といわれた椅子(ペリアン、コルビジェ、ミース、など無機質モダン系)をオーガニックなカタチ、素材にリデザインしたいと構想中です。
ショールームやショップなどで、体感していただけるように頑張りたいですね。


上質な暮らし
img01 img03 img02

上質な暮らしの提案、具体化はインテリアデザインの仕事を通して、こだわりつづけてきたテーマでもあります。

インテリアデザインする上で大切なことは、スケール・ハーモニーとユニティへのリズム・バランスなどがあげられますが、空間を構成するモノへの審美眼が基本ではないでしょうか。
技術(デザインテクニック)は書籍などで学べますが、感性は日々の生活行為の中から豊かさを意識するセンスによってしか磨かれないのです。

上質な暮らしと言うと、とても贅沢な生活を想像されるかたもいらっしゃるかもしれませんが、本来はとてもシンプルなのです。

上質な空間を構成するのは、良質なモノ。
そして、良質なモノが生活行為と一体化していなくてはいけません。
いくら良いものを持っていても手入れが億劫でしまいこんでいたら上質な空間に反映されませんね。
例えば、素敵な銀食器であれば丁寧に磨くという行為が伴わないといけないということです。
次に使用するときに、心地良くお食事を楽しむためです。
(古来より人々はモノを大切に使い、長く使うためにお道具類にも感謝の思いで手入れをしていたはずです。)

良質なモノによって、上質な空間が作られる、、、
デザイン性の良いもの、丁寧に作られたもの、手入れをすることにより価値の増すもの、伝統的なもの、エコロジカルで人に安全なもの、などでしょうか。
(私が考える良質なモノの定義です。)

デザイン性の良いもの、美しいものは人の心を癒しますが、美とは調和ではないかと思います。
調和はカオス(混沌)を正すと言う事です。

子供がイライラして落ち着きがないのは、脳の状態が混乱しているから。
乱雑な空間を美しく整えると正されます。

やはりデザイン性の優れた美しいもの、空間は、人の心を癒す効果があるのでしょうね。

そして、良質なモノはやはり手作りのものが多いです。
中には機械生産されたものでも良いものはありますが、心を尽くし手作業で作られたものにはかないません。
(住まいづくりにおいても職人による手仕事をもっと正しく評価するべきです。)

たくさんのモノを所有するより、自分の気に入った良質なものを少し持つほうがとても贅沢です。そして手間をかけ大切に手入れをします。

良質さは、自然素材でエコロジカルであることも大切なこと。
大げさにエコであることを枕詞のように強調しなくてもあたりまえに良質というカテゴリー内でエコを捉えるべきだと考えます。
また必要以上の不安な気持ちからエコ生活を実践するより、地球に対し、そして家族への健康を思い、愛の視野からエコ生活を楽しみながら実践したほうがとても健康的です。生活は楽しむものですから。

女性のかただとわかるかもしれませんが、環境や様々なモノの安全性に関心を持つのは、出産そして子育て中であることが多いです。
子供に安全なものを与えたくて、色々な商品(衣服、食べ物、住まい、玩具、日用品など)を調べたりしました。
そして一番信頼できたものは、自然素材でできたオーガニックなものでした。
実際、エコ的な様々な啓蒙活動や業務を通しての提案はこの時の母性愛が原動力になっています。
(以前、ボランティアでよくそこまでできますねと質問を受けたことがありますが、そのように回答しました。)
そして私自身の育った環境もあるかと思います。

上質な暮らしとは、品格があり丁寧な生活行為を受け入れる事とも言えるかもしれません。
img01

ティーサロン打ち合わせ
img01

Eco Design Style のティーサロン、事前打ち合わせに行ってきました。
今回のワークショップに使う蜜ロウキャンドルについて。

カラーのハニカムシートを用いて簡単に手作りキャンドルを作ります。
粘土のようにこねて、好きな形にできるのも魅力的。

蜜ロウキャンドルは、紀元前3000年頃のエジプトで灯りに取り入れられていたようですし、日本でも古くからロウソクは作られていましたが、初めて作られたロウソクの原料は蜜ロウだったようです。

石油化合物からできたキャンドルは空気中に害のある成分を放出してしまいますが、蜜ロウは天然素材ですし、またマイナスイオンを発生し空気を浄化させるといわれています。

今年のティーサロンは”色彩”がテーマですのでカラーハニカムを使いますが、そのままの素朴な蜜ロウキャンドルは自然な温かみがありとても素敵です。

これを機会に暮らしに気軽にキャンドルを取り入れてもらえると嬉しいですね。



ERI設計室の白石さんと講師のカラーコラボレーションMu飯塚さんとの打ち合わせでしたが、25日の上越謙信公祭でのGacktの話題で持ちきりでした。

特に飯塚さんはGacktの大ファン。白石さんは至近距離で写真を撮り、白馬に乗った姿が素敵とすっかりファンになった様子。
すごく気持ちがわかります。
私も大好きなオダギリジョー君を目の前にしたら、緊張のあまり倒れてしまうかもしれませんね。

おふたりのプログから、熱い思いが伝わってきますのでご覧くださいね。

ERI設計室白石さんのブログ
http://eris.blog.shinobi.jp/
カラーコラボレーションMu飯塚さんのプログ
http://cc-mu.com/blog/


金箔茶
img01 img02

最近のマイブームが金箔です。
食用の金箔をお茶に入れたりしています。
見た目も綺麗ですし、金を身体に取り入れると健康にも良いそうです。
(そういえば、愛用しているヘアローションもゴールド水です。)

お茶以外でも、大好きなシャンパンに入れてリュクス感を味わったり(金箔を先にグラスに入れるのがコツ)、デザートに振り掛けたり、、、と華やかさを楽しんでいます。



金箔を入れて愛飲しているお茶は、ジュアールティー。
アフリカの聖なる地に生育される不思議なお茶で、上質な味と魅惑的な香りで”聖なるお茶”と言われています。
欅のテーブル、ベンチ
img01 img02

クライアント様へ来週お届け予定のダイニングテーブルなどの確認に工房へ行ってきました。

自然塗装仕上げが完了した状態です。
飴色に自然な光沢感がでていました。また使い込むほどに味わいが増してくるかと思います。

お食事、お茶タイム他、このテーブルでは時には小学生の子供さんの勉強スペースにもなるのでしょうね。

旦那様はパソコンをしたり、奥様は家計簿をつけたり、そして子供さんはその中で宿題をしたりと、プライベートな個室とは別にご家族がこのように各自様々なことをしながら同じ空間に集うイメージでのサイズでプランしました。
(写真では小さく見えますが、2200あります。)
社名変更のお知らせ
img01 img02

この度、創業以来「ミエコ・インテリアデザインワークス」の名称でご愛顧いただきましたが、9月9日より業務拡張を機に企業イメージをより明確にするため、社名を「美空間デザイン事務所」に変更させていただくことになりました。

今後はより一層サービスの質向上に邁進していきたいと思います。
これまでにも増してご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。



美空間デザイン事務所の業務概要
-ライフデザイン事業-
1.インテリアデザイン業務
2.リノベーション業務
3.エコハウスプロデュース業務 *今年より本格的に稼動
 (凛の家他 企画、住宅プロデュース)
他、インテリアサロンタイアップ企画、講師等

”上質で心豊かな住空間の創造”のビジョンは創業以来変わりませんが、今後は、女性スタッフと共により一層独自のスキル向上に努め、お客様にご満足いただけるサービスをご提供させていただきたいと考えております。

そして私たちの業務を通して、皆様の暮らしと社会の質的向上に貢献できますことを嬉しく思います。

img01


CIマークデザイン
現在、グラフィックデザイナーの宮澤さん(泉屋商店代表)にCIマークデザインをお願いしています。

急な依頼にもかかわらず快く承諾していただきました。
私のイメージ言語もすばやく理解していただき心強いです。
形は王冠?、ミルククラウン・・曲線、洗練・上質、+αなどと意味不明にキーワードのみ伝えましたが理解していただけたようですし、とてもデザイン脳の優れたかたなので助かっています。

実は凛の家(エコハウスプロデュース)のパンフレットデザインもお願いしています。何度か打ち合わせをしていますので、独特のデザインセンスはとても信頼しています。

img01 img02

”愛””意志””叡智”


休日は美術館へ
img01

美術館、音楽コンサート、映画鑑賞、歴史的建造物見学など、美に触れる時間はとても大切にしたいです。
美しいもの、形、そして人が介在する時間を内包する美しい空間は、とても癒されます。

私の場合、疲れて息抜きが欲しいときなど無意識にお花屋さんに行って大好きなお花を買っています。美のパワーなのでしょうか。

美しい形、デザインは、結局自然界にある比率とシステムなのでしょうね。
雲のかたち、木々、水音、小鳥のさえずりのリズム、どれもバランスがととれていて美しいと感じます。

この休暇中に以前から行きたかった金沢21世紀美術館に行ってくる予定です。
アート観賞はもちろんですが、世界的に有名な建築家設計による空間を体感したいと思います。

img02

円形デザインがとても開放的。
美術館には珍しく夜間まで開放しています。昼間の表情とは違ったライトアップされた景観も見所ですね。

館内のカフェでのティータイムはとても大好きな時間。

□金沢21世紀美術館の公式サイト。
http://www.kanazawa21.jp/
ティーサロン
Eco Design Style のティーサロン
img02 img01 img03

素敵な暮らしの色彩効果
~暮らしを楽しむ女性のためのセンスアップセミナー~

□内容    「暮らしを彩るインテリアとあかり」
        *講習で使ったキャンドルはプレゼントいたします。
□日時    平成19年9月1日(土) 10:00~12:00
□場所    上越市市民プラザ2F第7会議室
□講師    カラーコラボレーションMu代表 飯塚むつこ氏
        1級色彩コーディネーター、パーソナルカラーアドバイザー
        1級環境色彩
        Click→http://cc-mu.com
□参加費   2,000円
□企画    Eco Design Style
        Click→http://blog.drecom.jp/eco-design-reform/

ティーサロンのリピーターの皆様、ご案内が遅れており申し訳ございません。
カリキュラム等詳細も含め、早急にご案内いたします。

取り急ぎ、日程を先にブログ上でご案内いたしました。

インテリアサロン
img01 img01 img02

インテリアサロン企画としまして、ホテル見学を下記の日程で予定しています。

□日時 平成19年9月20日(木)13:00~15:00
□内容 ロワジールホテル上越 ホテルインテリア見学
    *ユニバーサルデザイン的な視点からのお話も伺えます。

    13:00~14:00 アレーグロでランチ(地中海料理)
    14:10~15:00 ホテル見学

□IC新潟協議会タイアップ企画

尚、ご案内の関係上、定員を10名様に限定させていただきます。
定員になり次第、締め切りとなります。

詳細が決まり次第、改めてご案内いたします。

夏期休暇のご案内
img02 img01 img01


夏期休暇ですが、
今年は8月14日(火)~19日(日)までとさせていただきます。
(*13日は午後からお休みさせていただきます。)
20日(月)からは、通常業務となります。

久しぶりに家族とのんびりと古都めぐりをしたり、また自然を満喫してリフレッシュしてこようと予定しています。

今年に入ってから(年齢のせい?)パワー不足なのか、体調がいまいちなので、しっかりと充電できたら良いですね。

暑い日々が続いておりますが、皆様くれぐれも体調に気をつけご自愛ください。

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記