FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インテリアデザイン業務フロー
img03 img01 img02

最近、必要性を感じ ”インテリアデザイン業務フロー”(自社仕様)を作成しています。
以前ブログでもお伝えしました業務内容、プロセスは比較的列記しやすいのですが、業務フロー作成は意外に時間がかかっています。
(業務ごとのポイント等を詳細にまとめていると新たな発見がありますね。改善点も含めて。)

今更ながら実感することは、デザイン学校では表現手法又は各エレメントに関しての専門的知識は得られるのですが、ソフトノウハウなど実践的なことは学ぶ機会がなかったように思います。

又体系的な書籍もありませんので、あくまでも自分の経験則によるものになってしまいます。

現在、インテリアデザイン業務をプロセスに分け、スタッフに携わってもらっていますが(プロセスマネジメント)、全体の業務フロー(標準化)チャートがあると、効率良く且つ質の高い仕事が行え、結果的にクライアントに喜んでいただけるかと思います。
自分のこと
img01

□美恵子
呼び名:身内からはみぃ、またはちゃんづけ。
外国のお友達、パートナーからは、みぃ。女友達は呼び捨て。

□196?年1月27日生まれ。
(水瓶座、B型)
生まれた日は、とてもお天気が良かったそうです。
今迄重要日には快晴で、おめでたいくらいに晴れ女です。

□小さい頃の夢、原点
服飾デザイナーか教師
(母が洋裁士だったので、クリエイティブな仕事に関心がありました。)
11歳の時自分の部屋の改装の際に、白い空間にレッド、イエロー、グリーンのみでコーディネート(生意気な子供で、スケッチを書きいちいち指定していました。)したところお友達に評判が良かったのです。(みぃのお部屋に居ると元気になる!等)その時にデザインのパワーってすごいと感じました。私も学習意欲のテンションが上がり、学校の成績もアップしました。
当時お友達とのクリスマス会などでは、お部屋のディスプレイに力が入っていました。
あの頃の好きなインテリアテイストは、ミッドセンチュリーモダン。
そしてクラスの憧れの男の子を招待したり、随分とおませな小学生でした。
(企画大好きで、お手製招待状カード作成~ディスプレイ空間造り、BGM選曲と楽しい時間でしたね。)

□尊敬する人
シャルロット・ペリアン、ケリー・ホッペン(共にインテリアデザイナー)
好きなインテリアデザイナー、パリ在住のサラ・ラヴォワーヌ

□好きなタイプ
優しく、強く、賢い人。一緒に居て落ち着く人。
(苦手なタイプは、決断力がない人、依存心の強い人。)

□好きなカラー
マゼンタ、ゴールド、レッド、ホワイト、グリーン

□好きなお花
カサブランカ、薔薇、蘭、紫陽花

□好きなMUSICアーティスト
Christina Aguilera、Rihanna、Taylor Swift、基本的にパワーのある曲が好き。

□好きなことば
”一期一会”一生に一度限りのこの機会に心を尽くす  (千利休)
”人生は思い切った冒険か、無のいずれかである”  (ヘレン・ケラー)

□好きな諺
”人間万事、塞翁が馬”

□信条
浄明正直(浄く明るく正しく直く)
自分に正直に”愛の心”で”愛の言葉”で”愛の行動”をとることが大切。
初志貫徹

□好きな場所
京都の寺院、美術館、夜のネオン街

□自分のこと
チャレンジ精神、開拓精神旺盛、行動的、情にもろい等。
小さい頃は冒険好きで、生傷が絶えなかったとか。
受け身、守りとは無縁なタイプ。
両親からは、自由奔放すぎて育てずらい子供だったと言われショックでした。
(最近、ある人に”あなた典型的なインディゴチルドレンね”と言われましたが。)

img01

私が究極に目指すのは、一人一人の心の平和、そして世界平和。絶対的調和。
その貢献のためのワンピースでありたい。

img01

□愛する息子、時には親友(10年前の写真)
幼稚園の頃の息子からもらった宝物のメモ。。。
疲れた顔をしていたら、「あしたははれる」の紙を渡されました。
深い言葉。ずっと大切にしています。ありがとう。

img01 img01

□知人は皆ご存知ですが、かなりのオダギリジョーファンです。

img01 img02

□ 1950~60年代に活躍した女優さんが好きです。(左:ブリジット・バルドー、右:フェイ・ダナウェイ)

img01

□ River Phoenixは、ルックス、魂、共に美しくて、永遠に好きです。

img01

子供の頃の無邪気さ、好奇心は忘れたくないですね。

□大好きな曲、 Christina Aguilera-Beautiful.
おすすめ本-白井晟一空間読解
白井晟一空間読解―形式への違犯 白井晟一空間読解―形式への違犯
安原 盛彦 (2005/09)
学芸出版社
この商品の詳細を見る

白井晟一氏は、私が唯一好きな日本人の建築家です。
独自性、その作風から 「モダニズムに背を向けた哲学的建築家」と呼ばれていますが。

空間を読み解くことが難しい建築家の実像に迫る貴重な一冊ではないかと思います。

形や空間のみを感じるというよりは、(そのまま現代に模倣することは機能的ではないですので)その背後にある哲学的なものを学ぶための手引書として活用されることをおすすめします。

私は仕事を始めてからリアルタイムで白井氏を知らない世代ですが、残された建築物を通じて大変惹かれる建築家です。

家は単純に生活としての器ではなく、人の内省に関わるものであり、生活や精神性を引き上げるものでなくてはならなかったのだと思います。
そのような家をつくるためには、和や洋といった様式、そして時代も関係なく自分の中の真善美、根源的なものに従うことをつらぬいたのだと推測します。


img01 img02
 
img03 img04

□独特の造形構成に惹かれます。
決まった法則性を解読するのが難しいバランス性と美的感覚ですね。

上左写真 / サンタ・セバスチャン館(1972年)
上右写真 / 松濤美術舘(1980年)
下左写真 / 親和銀行(1963年)
下右写真 / サンタ・キアラ館(1974年)
ライティングフェア
img02 img01

東京ビックサイトにて、3月6日(火)~3月9日(金)の4日間、「ライティングフェア2007」が開催されます。

今年で8回目の開催となりますが、国内外120余社の出展規模になっています。(おそらく過去最大ではないでしょうか。)

”人と地球にやさしいあかり”をテーマに最新製品、技術等の展示、そして照明空間の演出提案が行われます。
また昨今、住宅・商業施設等で使用範囲を拡大しているLEDの最新技術の動向、そして商品展開、事例又照明デザインの観点からの展開などを紹介するセミナーも同時開催されるようです。

学習会-グラフィックデザインの基礎
img01

IC新潟協議会の学習会に参加してきました。

プレゼンボードをより効果的に見せる文字又はレイアウトの基本についての内容でした。
(講師は広告制作プロダクション・デライト代表の鈴木一光氏。)

デザイン提案する際に、テーマを明確に伝えるためのレイアウト(空間の設け方のポイント等)手法などをより実務に則した内容でレクチャーいただきました。

新潟グランドホテルが会場でしたが、途中ランチ会も挟み楽しい時間を過ごさせていただきました。講師のかたとも色々とお話できて良いですね。

その際に資料として用いた「クリエイティブデザインの基礎」(グラフィック社)はデザイン製作を総合的に学ぶために最適な書籍でした。
インテリアプランニング
基本設計後のプレゼンテーション(2回目)の資料づくりのためのプランニング業務を行っています。
(ここではCGを併用)
間取り→家具配置→内装材、照明器具配置→光の調整
照明計画図とともに室内空間における自然光、照明器具から発せられる光をシミュレーションしてみます。

エレメントの素材により若干の光の誤差はありますが、ある程度照明プランの確認ができます。

またお打ち合わせの際に、別提案の際のエレメント等に差し替え、確認できるように資料をまとめておきます。
時間管理
img01

今年は、特に時間をきちんと管理しながら日々の業務をこなしていければと思います。
時間管理に秀でている人はとても尊敬します。
(私の周りにもいらっしゃいますが)

昨日は仕事始めでしたので、年間計画(前年に作成)に目を通し、大まかなプロジェクト予定表を書き入れ、そして今月の予定を書き込んでいました。

年間計画及びプロジェクト管理はB5サイズのノートを活用しています。
日々の行動計画又はTO DOリスト(ポストイットを活用)は手帳を用いて、プライベート(子供の学校行事等)は携帯電話のスケジュールに入力しています。
手帳は、ダヴィンチのシステム手帳、超整理手帳を愛用しています。

計画→行動にならないと意味がないですから、
オフィスに居る時は、デスク上に手帳を常に開いた状態にし目を通すようにしています。

そして、意識してスケジュール帳には余白部分を少し入れ、余裕を持つことも大切かなと思います。
(時間管理の目的にはこだわりますが、手段にこだわる必要はないからです。)


□こちらのサイト内の書き込みシートは、ダウンロードして活用させていただいています。
http://moura.jp/lifeculture/datebook2007/refill.html#sheet
新年のご挨拶
新年あけましておめでとうございます。
本年も昨年同様宜しくお願い申し上げます。

今年2007年が皆様にとりまして、輝かしい年になりますようお祈り申し上げます。

今年は、今まで取り組んできた様々なことを一つ一つ着実に実現させ、同時に再構築(前進する中でスタンディングポイントを再確認)を行いながら、ベストな方向へ進んでいける年でありたいと思います。

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記