FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ライフスタイル提案リフォーム
img01 img02

ライフスタイル提案リフォーム、聞きなれない言葉だと思われたのではないでしょうか。
ライフスタイルの見直し、又は暮らし方のこだわりに応えるという意味合いで、このような呼び方をしております。

リフォームと言いましても一窓のカーテンの模様替え、壁紙の貼り替えなどから間取りを変更する大規模なリフォームまでを含めます。

弊社では、あくまでもインテリアデザイナー、ライフスタイルプランナーとしてのライフスタイル提案、改善型のリフォーム(リノベーション)を行っております。

正確には、リフォーム・リモデルといった設備入れ替え又は修繕的な意味より、ライフスタイルの変化やより快適な暮らしを求めた=リ・ライフ的なリノベーションの意味合いが強いかと思います。

どのように暮らしたいのか、というお客様一人一人のこだわりを大切に、リ・ライフ=これからの、自分たちらしい暮らし方を基本に、健康で快適な暮らしをご提案しております。

以前、新築2年目にして収納リフォームの依頼を承ったことがあります。
住まいづくりをする際に、目に見えるものを優先させた結果、生活スタイルを考えてプランをしなかったことが要因のひとつのようでした。

新築の際にはあまりよく考えていなかったという、”どのように暮らしたいのか””どのような暮らしがライフスタイルに合っているのか”、という点を改めて見直して、不満原因だった部分(収納計画)をリフォームしました。

こういったケースは、意外にも新築間もない場合が多いのです。
”暮らし方改善”に対するニーズ、問い合わせが増えてきたため、昨年より対応させていただいております。



ライフスタイル提案リフォームフロー

STEP 1 カウンセリング(無料)
インテリア相談からのお問い合わせ後、移行するケースが多いです。
まずは、お気軽にご相談ください。

現在のライフスタイル、住まいに関するご要望など直接お話を伺います。

例えば、こんな機会に
□インテリアの雰囲気を変えたい
□収納にこだわりたい
□暮らしをより良くしたい
□住まいに関する不満や要望が漠然としている、上手く説明できないけど何とかしたい、など

STEP 2 プレゼンテーション
カウンセリングでお話を伺った内容及び現場調査に基づき、設計・コーディネートプランをご提案いたします。

□基本図面、プレゼンテーションボード等の提出

キッチン又は家具など規格で間に合わない場合、オリジナルでデザイン・制作いたします。

材料(特に自然素材、エコ素材を推奨)、設備などは実際にショールームに同行して確認(体感)いたします。

STEP 3 リフォーム工事
信頼のおける専属の職人チームにより施工いたします。
直接工事依頼をしますので、要望が職人に伝わりやすく又コストダウンにもつながります。

STEP 4 リ・ライフのスタート
自分たちらしい暮らしが始まります。

引渡し後も定期的なフォローを行い、末永いお付き合いをさせていただけるようにと願っております。

img01
インテリアコーディネート業務サポート
img01 img02 img03

現在、糸魚川~上越地域の工務店及び設計事務所様に対して、業務委託というスタイルで”インテリアコーディネート業務サポート”を行っております。

このスタイルで業務を始め5年が経過しますが、とても良い信頼関係の基、仕事をさせていただき大変感謝しております。

今住宅産業は、新たなステージを迎えております。
30年近くの繁栄期を終え、従来のやり方と新たなやり方が入り混じり、混沌としている時期だと言えます。
(様々なカテゴリーの融合)

私見ですが、今後の住宅業界の展開は、より本質に向かい、即ちシンプルな手法にシフトしていくと考えられますので、地場工務店様におかれましては、「重点化」「差別化」しているところが継続・発展していくと予測できます。

独自性(*自社の強み)を活かし、ブランディングの結果、差別化することによりお互いを活かすことが可能になります。
(競争→共栄への思考のシフト)

*強みとは、例えば「木材の使い方にこだわりがある」「間取り・設備が自由にプランできる」「デザインが洗練されている」「仕事が丁寧」「人間性が良い」など、お客様の心に強く残るイメージのことです。

そして、情報社会により、モノからコトへ大きくシフトしています。
(単に箱としての家を購入→快適な暮らしを購入)

家づくりにおきましては、お施主様のライフスタイルを的確に把握し、暮らし方を提案し、実現させることが益々重要になってきています。

インテリアコーディネート業務サポートを上手に活用され、お施主様にご満足いただき、そのことが工務店・設計事務所様のサービスの差別化につながり、付加価値をもたらすお手伝いをさせていただいております。


インテリアコーディネート業務サポートフロー

STEP 1 お打ち合わせ、ヒアリング
お施主様のご要望やライフスタイル等を伺い、イメージプランのご提案を行います。
どうすればお施主様の目指すライフスタイルが実現できるのかご提案していきます。

□現場ごとにインテリアコーディネート業務の範囲を確認させていただきます。

活用するタイミングとしまして、
○設計段階(デザインコンセプト)からトータルに
○図面が出来上がったとき
○窓廻り、色彩計画、照明プラン、造作家具デザイン等のみ依頼したいときなど

STEP 2 プレゼンテーション
お施主様のイメージをたどり又ヒアリングでお話を伺った内容に基づき、コーディネートプランをご提案いたします。

□平面計画、プレゼンテーションボード
□商品リスト、サンプル、見積書等を作成いたします。
□ご要望があればショールーム等への同行もいたします。

納得のいくまでプランニングとプレゼンテーションを繰り返しますので、お気軽にご相談してください。

STEP 3 インテリア工事
現場での施工管理、お引渡しまで責任を持って立会います。
また現場状況を常にご報告いたします。

インテリアコーディネートフィーに関しましては、現場ごとの対応になります。(ご相談に応じます。)
□見学会をご予定の場合は、企画段階から参加させていただいております。

様々なプランボードによりイメージを具体化いたしますので、お施主様にはご満足いただけるかと思います。

img01
インテリアコンサルティング販売
img01

おもに個人のお客様を対象に”インテリアコンサルティング販売業務”を行っております。

新築、リフォーム又は模様替えの際のインテリアプラン全般を扱っております。

インテリアコーディネートとは、住まいを美しく暮らしやすい生活の場にするため、内装材(壁紙、インテリアペイント等)、家具、照明器具や設備機器などのインテリアエレメントを選択し、”空間””人””モノ”を調和させることです。

そして住まい手のライフスタイルを把握し、暮らしに合ったインテリアデザイン&コーディネートをコンサルティングを通じて具体化いたします。

まずは、お客様のライフスタイル等を伺い、インテリアイメージプラン、カラー計画、カーテン及び照明、家具プランなどを行います。

トータルコーディネートにより、上質なインテリア空間を創るお手伝いをいたします。

また単品(カーテンのみ等)プランの場合は、お手持ちの家具等を拝見し、総合的にご提案いたします。

お客様のメリットとしまして、インテリアコーディネート&コンサルティングを受けながら、国内外の上質なインテリアエレメント(カーテン、家具、照明器具、絨毯など)をリーズナブルなお値段にてご購入いただけます。

ライフスタイルに合わせた上質感のあるインテリアコーディネートをご希望される皆様方にご好評いただいております。



インテリアコンサルティング販売フロー
*トータルコーディネートの場合

STEP 1 お問い合わせ、コンサルティング
お客様のご要望やライフスタイル(ライフステージ、暮らしのイメージ、こだわり、生活様式など)を伺うほかお手持ちの家具や物の量などを拝見した上で、イメージプランのご提案を行います。
イメージプランボードの提出
img05 img06

STEP 2 プランニング
カーテンなどの窓廻りや壁紙などのカラースキーム、照明器具他細かい打ちあわせを重ね、新たに購入する家具がある場合は、同時に計画を進めていきます。
概算見積書、パース、プランボード、サンプル等の提出
img08 img07

STEP 3 プレゼンテーション
確認ボードと見積書を作成いたします。
*プランのみ承った場合は、ここまでのプロセスになります。

STEP 4 施工・管理・アフター
現場での施工管理、お引渡しまで責任をもって立会います。
(専属の施工スタッフによる施工となります)

img01


おもな取り扱いインテリアメーカーのサイト
*ル・コルビジェ、フランクロイドライトなどのデザイナーズ家具、オリジナル家具も承ります。

(家具)
・コスガ→http://www.kosuga.co.jp/
・カリモク→http://www.karimoku.co.jp/
・フクラ→http://www.hukla.co.jp/
・マルニ→http://www.maruni.com/
・カッシーナ→http://www.cassina-ixc.jp/
・アクタス→http://www.actus-interior.com/
・オリバー→http://www.oliverinc.co.jp/
・a.flat→http://aflat.jp/
・クワイエットアワーズ→http://www.quiet-hours.co.jp/
・久和屋→http://www.kuwaya.co.jp/
・天童木工→http://www.tendo-mokko.co.jp/
・飛騨産業→http://kitutuki.co.jp/
・日進木工→http://www.nissin-mokkou.co.jp
・宮本工芸→http://www.miyakagu.co.jp
・ダニエル→http://www.daniel.co.jp/
・アダル→http://www.adal.co.jp/
・vita-deco→http://www.vita-deco.com/
・カンディハウス→http://www.condehouse.co.jp/
・アルフレックス→http://www.arflex.co.jp/
・EUCAS→http://www.eucas.jp/
・サァラ→http://www.sala-azabu.co.jp/
・デニムアンティーク→http://denim-furniture.jp/
・ヒュルスタ→http://www.hulsta.co.jp
・DECOLT→http://www.decolt.com/
・HUG→http://www.hug-inc.com
・北欧家具スーク→http://www.suq-net.com
・デニッシュインテリアス→http://www.danish-interiors.com/
・vivi&coco→http://www.viviandcoco.com/
・ロゴバ→http://www.rogoba.co.jp/about_rogoba/index00.html
・アイ→http://www10.plala.or.jp/shop-ai/

(ベット類・寝装具品)
・シモンズ→http://www.simmons.co.jp/
・シーリーベット→http://www.sealy-bed.co.jp/
・ファニーベット→http://www.annaka-ss.co.jp/funnybed/
・日本ベット→http://www.nihonbed.com/
・フランスベット→http://www.francebed.co.jp/
・イワタ→http://www.iozon.co.jp/

(照明器具)
・オーデリック→http://www.odelic.co.jp/
・小泉照明→http://www.koizumi-lt.co.jp/
・クリストファーレイ→http://www.christopher-wray.co.jp/
・ロイヤルドルトン→http://www.neodream.jp/
・マックスレイ→http://www.maxray.co.jp/
・ヤマギワ→http://www.yamagiwa.co.jp/
・松下電工→http://.biz.national.jp/Ebox/
・DAIKO→http://www.lighting-daiko.co.jp/
・エグロ・ジャパン→http://www.eglo.co.jp/
・DI CLASSE→http://www.di-classe.com/
・ナックインダストリー→http://knackindustry.com/
・長澤ライティング→http://www.myfavorite.bz/nagasawa/pc/
・BUNACO→http://www.bunaco.co.jp/
・カラーキネティクス→http://www.colorkinetics.co.jp/
・タキロン→http://www.aleds.jp/
・長畑製作所→http://www.marinebell.com/
・日吉屋→http://www.wagasa.com/kotori/kotori.html

(ファブリックス類)
・サンゲツ→http://www.sangetsu.co.jp/
・リリカラ→http://www.lilycolor.co.jp/
・五洋インテックス→http://www.goyointex.co.jp/
・川島織物セルコン→http://www.kawashimaselkon.co.jp/
・シンコール→http://www.sincol-kys.co.jp/
・スミノエ→http://suminoe.jp/
・旭興→http://www.seko.co.jp/
・フェデポリマーブル→http://www.fede.co.jp/
・タチカワブラインド→http://www.blind.co.jp/
・東京ブラインド→http://www.tokyo-blinds.co.jp/
・TOSO→http://www.toso.co.jp/
・オルゴンジャパン→http://www.orgon.jp/
・東リ→http://www.toli.co.jp/
・メゾンイクス→http://www.nissin-ex.co.jp/maison/
・フジエテキスタイル→http://www.fujie-textile.co.jp/
・カサマンス→http://www.casamance.com/
・マナテキスタイル→http://www.manas.co.jp/
・フィスバ→http://www.fisba.co.jp/
・トミタテキスタイル→http://www.tominet.co.jp/
・サイレントグリス→http://www.silentgliss.co.jp/
・ニーディック→http://www.needk.com/
・テシード→http://www.tecido.co.jp/
・インザルーム→http://www.intheroom.jp/
・シナマーク→http://www.kinnamark.se/
・メサテックス→http://www.mesatex.co.jp/
・モンルーベ→http://www.monreve.co.jp/
・山越→http://www.san-etsu.jp/
・ジアス→http://www.jias.co.jp/
・テキスタイルデポ→http://www.textile-depo.co.jp/
・Casa Nonna→http://casa-nonna.ocnk.net/home/
・クリエーションバウマン→http://www.creationbaumann.jp/
・インターデコール→http://www.interdecor.co.jp/
・チェルシーインターナショナル→http://www.chelsea-international.com/
・スカンジナビアンウェーブ→http://www.scandinavianwave.jp/
・ルヴァン→http://www.furufuru.co.jp/
・CORTINA→http://www.cortina.ne.jp/
・東和商会→http://www.curtain.co.jp/
・鹿田産業→http://www.shikada.co.jp/
・きなりの部屋→http://www6.ocn.ne.jp/~sansou/
・WALPA→http://walpa.jp/

(その他)
・リック→http://www.lic-net.jp/top/
・グラン・インターナショナル→http://www.gran.co.jp/
・ダーラナガーデン→http://www.dalagarden.jp/
・ラインビュー→http://www.ad-collection.com/
・アビヤントジャポン→http://www.abiyanto.com/
・マストレ→http://www.masstrading.net/
・アルテジャパン→http://www.arte-japan.com/
・フランジュール→http://www.francjour.com/
・麻平→http://www.asahei.com/
・ボーヴィレ→http://www.qualitequalite.jp/
・アーテリア→http://www.arterior.co.jp/
・ラ・ルース→http://www.la-luz.co.jp/
・川島企画→http://www.kamism.co.jp/
・ハーフェレジャパン→http://www.hafele.co.jp/
・エクレアパーツ→http://www.ekrea.net/
・収納事典→http://syunou.at-ninja.jp/
・グローエ→http://www.grohe.co.jp/
・フジデザイン→http://www.fujid.com/
・デュポン→http://www.dupont-corian.net/
・ハーツ→http://www.jphearts.com/
・Hits→http://www.orange.hiratatile.co.jp/outlet/
・ヤマゼン→http://www.cookhoodle.com/
・ジャメックス→http://www.jamex-inc.com/
・イマガワ→http://www.k-imagawa.co.jp/
・ユダ木工→http://www.yudawood.com/
・オオムラ→http://www.ohmura-trading.co.jp/
・サンワカンパニー→http://www.esanwacompany.co.jp/
・ユニバーサルジャパン→http://www.universal-japan.co.jp/
・ニッシンイクス→http://www.nissin-ex.co.jp/
・新潟センチュリー→http://www.ncentury.co.jp/
・丸紅建材→http://www.c-room.co.jp/mk/
・世界の建材.com→http://www.diy-home.com/
・川上製作所→http://www.joy-wood.co.jp/
・リーベ→http://www.1128.jp/
・DIYパートナー→http://diy.b-smile.jp/
・府中家具.com→http://www.fuchukagu.com/
・DOOR HANDLE→http://www.imdoor.com/doorhandle/
・ブルーティアラロートアンアン→http://blue-tiara.jp/index.htm
・御田製作所→http://www.ondairon.com/
・共立エクセル→http://www.kyoritu-excel.com/
・エスビック→http://www.s-bic.co.jp/
・ウォーターパール→http://www.waterpearl.co.jp/
・elfa→http://www.hardware.co.jp/
・北欧雑貨屋→http://store.shopping.yahoo.co.jp/comfy-shop/
・インテリアミラー→http://www.int-mirror.com/
・岡本鏡店→http://www.okamotokagami.co.jp/
・鏡屋→http://store.shopping.yahoo.co.jp/kagami/
・マーチソンヒューム→http://slowmadepartners.com/
・ストレイトアヘッド→http://www.straight-a-head.com/
・ル・ノーブル→http://www.le-noble.com/
・LINE→http://www.line-co.com/
・アートポスター→http://www.posterinterior.com/
・ココーナチュラル→http://arteflor.okoshi-yasu.net/
・雑貨屋サラ→http://www.sara-style.com/
・e-pack→http://www.epack1a.jp/
・az-poster→http://www.az-art.net/poster/
・3Dインテリアコーディネーター→http://can-cad.com/
「COLOR SOLUTION 2007」のお知らせ
業界誌によりますと、COLOR SESSION実行委員会(事務局:㈱美研インターナショナルhttp://lifeisart.ne.jp/)が来年2007年4月12日(木)から14日(土)までの3日間、東京ビックサイトにてカラーデザインをテーマとした見本市「COLOR SESSION 2007」を開催するとの発表がありました。

カラーデザイン・戦略をキーワードとした見本市は、おそらくこれが日本初となりますので、様々な業界から注目されるものと思います。

企業のデザイン戦略、プロダクト開発にとってカラーマーケティングの視点が益々重要になってきております。

個人的には、街づくり(環境色彩)にもっとカラーデザイン手法を取り入れていただければと思います。

またインテリアを構成する上でも、形(スタイル)、素材とともに重要な要素の一つであります。

今から期待して注目しています。

詳細に関しましては、こちらのサイトをご覧ください。→http://www.color-session.com/

img01

住まいづくりコンサルティングサービス
img02 img03

住まいづくりを検討されているかたへ、インテリア相談、リフォーム相談、又は資金計画のご相談等を承っております。

以前、インテリア講座を行っていた際に家の図面を持って来られていたかたが数名いらっしゃいました。
この講座自体がボランティア的に行っていたものですが、住まいづくりを検討されているかたにとって個別の相談がしやすかったのだと思います。

その際に、第三者的な立場で相談にのってくれるところがないことや又実際に家を建てようと思った時に情報(量ではなく質の意味)が少ない、との不満の声をお聞きしました。

そのことがきっかけで住まいづくり相談を承っておりますので、今のところお一人様/一案件に限り、無料でさせていただいております。

前もってご連絡いただけると嬉しいです。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

(有資格)
一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、ライフスタイルプランナー、
カラーコーディネーター、シックハウス対策アドバイザー

img01


住まいづくりコンサルティングサービスのご案内

□日にち 毎月第3土曜日
     *イベント等と重なった場合、変更する場合があります。
□場所  弊社オフィス
     上越市新光町2-3-8オフィスUSHIKI203
□時間  午前又は午後、1.5~2時間程度
□TEL 025-525-3620

img02 img03 img01

*I!m home、プラスワンリビングなど様々なインテリア雑誌やインテリアスタイルブックをご用意しています。

高齢者のための照明プラン
現在、高齢者のお住まいの照明プラン及び工事をさせていただいております。

加齢とともに五感に変化が生じますが、特に視覚の衰えによる不自由さを考慮し、視環境を整えてあげることが大切です。

高齢者は20代のころよりも2、3倍の明るさが必要であるとも言われております。

ただ必要以上に明るくしてしまうとグレアの発生につながり、かえって眩しさから物が見えづらくなるという現象がおきます。

グレアを感じさせないためには、1室1灯で照度を満たすのではなく、多灯使いで間接照明、補助照明と上手く活用し、且つ演色性のよい電球色の蛍光灯を用います。
(光の心理的効果も期待できます。)

またグレアレス照明として、アルミ反射鏡やルーバーで制御されたものがお勧めです。

アームライトなどは、誤って指を挟まないようなデザインになっているかどうか(ユニバーサルデザインかどうか)も確認したほうが良いですね。

そして赤、緑色に比べて青、黄色が見えずらくなるという水晶体の変化にも配慮しなくてはなりません。

安全性を確保しながら、心地良い視環境を作る必要があります。

imgli

式年祭
糸魚川市の弁天さん(地元ではこう呼んでいます)で、60年に一度の”本開帳”が行われます。

正式には弁天岩の厳島神社のことですが、能生白山神社の末社で祭神は市杵嶋姫命で弁財天像が祀られています。

今回の「弁天様のお開帳」は明日から公開されます。
千年の歴史があるようですね。

詳しいことは、厳島神社式年祭→http://nunagawa.ne.jp/benten/のサイトをご覧ください。

子供のころから慣れ親しんでおりますので、とても落ち着く場所なのです。

特にお天気の良い日の景観は最高ですよ。
imgbenten

此処で眺める夕日も素敵です。
img01


おすすめ作品展
今日は、とても素敵な作品展に行ってきました。
それは、「ほうの作品展」です。

ビジネスパートナーであり、エコ提案の同志でもある小林さんが運営されている、自然家具ショップ「ヴェルメ」内で開催されています。

作家のほうさんは、家族や母と子といったテーマで、手書きによるあたたかな絵とメッセージを描かれています。

メッセージは心の奥に響くものがあり、とても素敵な時間を過ごすことができました。

作品の波動値がとても高いため、ただ眺めているだけで心地良かったです。

また木のぬくもりのヴェルメさんのショップ空間に、ほうさんの作品の想いが見事にコラボレーションしていました。

12日まで開催されていますので、是非皆さんもお出かけください。

忘れかけていた大切なメッセージに出逢えますよ。

img01 img02

*画像からも何故か高いエネルギーが出ていてビックリです。
(左クリックで拡大します。)



□日時 7/7(金)~7/12(水)AM10:00~PM6:00
□場所 自然派宣言ヴェルメ
    上越市石橋1-8-37
    (ローソン石橋店裏)

img03

*ヴェルメ雑貨コーナーの奥に、キッズルーム&絵本コーナーもありますので小さなお子様とご一緒でも安心です。

□ほうさんのサイト→http://pksp.jp/hounokotoba/
照明器具施工
照明プラン後、実際に取り付けた際の照明器具の一例です。

アッキーレデザインの照明が、リビングの吹き抜けにアクセントとして映えています。
昼間は空間のオブジェとなりますので、デザイン性の高いものという視点で選びました。

外から見えた際に、光のリングが浮いて見えるように配置してあります。

当初、机上のプランでは3灯の器具のレベルを揃えて配置しようかと思っておりましたが、現場の状態を見て、現場担当のかたと色々なやりとり後、動きを出すために長さに変化をつけてみました。

他のエレメントが直線的なものが多かったですので、(ウインドウトリートメントは極力平面的な納まりのものを採用)リズム感が出てバランスが整い、上質な空間になりました。

imglight

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記