FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

エコリフォームご相談
先日、エコリフォームについてのご相談を賜りました。
昨年、企画・開催しました「シックハウス地域セミナー」へお問い合わせをいただき、その後何度かメールをいただいておりました。

セミナー会場には都合が悪く来られなかったのですが、後日ケーブルTVで放映された際に見ていただいたようです。

ご自身と子供さんが軽いアトピーのため、住宅の内装材には過敏に反応されるようです。

インターネットで自然素材について調べられたり、木の家が掲載されている雑誌類を読んだりしてかなり勉強されているようです。
(具体的な商品についてのご質問もありましたので。)

自然素材、エコ素材であってもまれに合わない場合がありますので、必ずサンプルをお渡しして暫く様子を見てもらうようにしています。

まずは、素材をご説明し体感してもらうところからスタートします。

imgeco


エコリフォームの際は、ビニルクロスや一般的なカラーフロアは使用しませんので、上の写真のような無垢フローリング(無塗装のまま買い付け、自然ワックス仕上げ)や紙クロス又は珪藻土(接着剤の入っていないもの)などを取り入れています。

予算が限られている場合、床と壁を優先的に自然素材に替えるだけで室内の空気質が良くなります。

(私のオフィスは賃貸のため内装を替えることができませんので、大きめの無垢スギ材のテーブルを置いて自然素材による癒し効果を体感しています。)

またキッチン等もステンレス+無垢材のエコ的なオリジナルなものをプラン、制作したりしていますのでデザイン・機能面でもご満足いただけるかと思います。

まずは、お気軽にエコ素材等のご相談をいただけると嬉しく思います。



*私のHP内”エコインテリアのご提案”ページをご参照ください。
http://homepage3.nifty.com/mieko-interia/eco.html
環境フェア、エコブースの様子
コラムでもご案内しました「環境フェア2006」の様子です。
企業コラボ”エコデザインスタイル”(→http://blog.drecom.jp/eco-design-reform/)での活動紹介と住宅に使用される様々な自然素材等を出展させていただきました。

ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

imgeco-f1


imgeco-f2



フラワーセラピー
img01

お花には優れたセラピー効果があります。
その花独特の形と香りとエネルギーによってリラックス効果が期待できます。

元気を出したい時、また疲れている時など、もっとお花の効能を活用しましょう。

お花の色による効果は、
:エネルギーを与える色。行動する意欲を引き起こします。
:ストレスを解消し、コミュニケーションを活発にします。
ピンク:安心できる色。心を和ませます。
:気持ちを鎮めて、冷静さを取り戻す色。
:心を清浄にし、リラクゼーション効果を高めます。
:感性を研ぎ澄ませ、精神的な行き詰まりを解消します。

具体的なお花のセラピー効果ですが、集中したい時などはユリ、ラベンダーが心身をリフレッシュさせモチベーションを高める効果があります。

またイライラしている時などは、淡いピンクのお花がお勧めです。人の心を幸福にする働きがあります。スイートピー、さくら草、チューリップ、ミモザなど。

気持ちを高揚させるには、バラ、ぼたんなどがセラピー効果があります。

またお花の香りは、チャクラを開く作用があります。
ピンク色のバラの香りは、ハートチャクラを、ユリの香りはクラウンチャクラを。
尚、チャクラという言葉を初めて聞かれたかたへ、こちらのサイトがお勧めです。
http://www.hottatakeshi.com/chakra.html

imgja    imgro

□今朝のオフィスのジャスミンのお花(左)です。空間がジャスミン特有の香りで満たされていました。
(昨日までツボミの状態)



つい最近、自分の誕生日花を知りました。
(1月27日なので、”ななかまど”でした。)

こちらの花占いのサイト内で、誕生日花を検索できます。
ご興味のあるかたは、ご覧ください。→http://www.hanauranai.jp/index.html

花の色彩波動による開運壁紙ギャラリーのサイトをご紹介します。
http://www.cogahouse.com/bpss/gallery.html
パソコンの壁紙に利用させていただいております。
画像がきれいでとてもお勧めです。

img01


マイナスエネルギーの強いお花を補足として載せます。
綺麗でもお家には飾らないほうが良いと思います。

・背高泡立ち草 ・タンポポ ・ざくろの花 ・ペンタス ・スターチス
・コスモス ・おみなえし ・ブバルディア ・紫式部 ・シャコバサボテン ・雪わり草





超能力開発所



環境フェアに出展します
今年も昨年同様、「上越市環境フェア2006」に出展します。

□日時 平成18年6月25日(日)AM9:00~PM4:00
□場所 上越市市民プラザ1F市民ギャラリー内
     (会場案内図では、エコ商品コーナーになります。)
環境フェア2006のチラシ→http://www.city.joetsu.niigata.jp/event/fair/event.pdf

様々な自然素材及びエコ素材の住宅建材、内装材を出展します。
地元産スギ材で作ったダイニングテーブル等も体感できます。

多くのかたに実際に自然素材等を体感していただければと思います。
(蜜蝋ワックス体験も可能です。)

環境フェアでは、他のブースでも様々な楽しい企画がたくさん用意されています。

皆様のご来場をお待ちしています。
ライフスタイルプランナーの仕事
ライフスタイルプランナーとは
従来の住宅は、耐震性、断熱性、気密性など性能面にスポットがあてられてきた時代背景があります。
そして、そのような側面が強調された家づくりになっていました。

しかし、これからは住宅の性能の良さは当たり前としてライフスタイル、つまり生活の側面から見た住まいづくりを提案する必要があります。

住宅の性能、設計、デザインの良さを生かしたライフスタイル提案をする仕事をする人がライフスタイルプランナーです。
住宅の基礎知識、インテリア、エクステリア、ガーデニング等、幅広い知識を必要とします。

ライフスタイルプランナーの役割
日本は、諸外国から衣・食・住の要素のうち”住”の発展が著しく遅れていると言われています。

いつのまにか工業製品のごとく買うものになってしまったことにも問題があると考えられます。
住宅を新築する又は改築するさいにライフスタイルという視点で考えてきませんでした。

諸外国では、日本でいう”ハウスメーカー”は存在しません。
日本の住宅産業は、独特の発展をしてきたのですね。

本来、ハウジングプロデューサー、ライフスタイルプランナーが家づくりの企画を考え、資金計画を作り、設計を依頼し、施工業者を選定し、書類をチェックし、工事の内容確認等、家づくりをトータルにプロデュースします。
(棟梁の仕事も近いものがあるように思います。)

例えば、欧米の住宅建築や既に日本でも取り入れられているコンストラクション・マネージメントと言われている、建築主の負担軽減と工事費の透明化を図る手法として取り入れられているシステムがあります。

ライフスタイルプランナーは、このような手法も取り入れ、暮らしの隅々にいたる専門的知識とノウハウを活かし、新しい暮らしのスタイルやそのかたの個性に合った住まいづくりを提案し実現させなくてはなりません。

自分スタイルのライフスタイル実現を求める人たちに、生活者の視点でアドバイスをし、ひとりでも多くの方にライフスタイルを実現するお手伝いをすることが思いであり使命です。

ライフスタイルプランナーとして
私は現在、暮らしをトータルに提案したいという思いでライフスタイルリフォームを行っています。

ライフスタイル提案はもちろんですが、化学物質過敏症で苦労した経験も活かし極力自然素材のご提案をさせていただいております。

自然素材の分量バランスを考え、スタイリッシュにまとめる点はご好評いただいております。

且つ心理面にも配慮した独自のカラーコーディネート手法を取り入れています。

”健康で快適な住空間”をご提案し実現させることが、私のライフワーク(事業活動の中心)だと思っております。

この実現のために、様々な啓蒙活動(シックハウスセミナー、インテリア講座等)や実際の業務サービス(インテリアデザイン、ライフスタイルリフォーム等)をご提供しているという考え方です。

img1 imgwork


また、新たなサービスのひとつとして自然素材の家づくりプロジェクトのユニークな試みも企画からプロデュースさせていただきました。

ライフスタイルプランナーの資格は2年前に取得しましたが、その後地域誌に取り上げられたことがきっかけで問い合わせをいただくようになりました。

収納プラン~本格的なライフスタイルリフォームまで、様々なかたの口コミのおかげでご紹介いただくようになりました。
心より感謝しております。

これからもお客様一人一人のこだわりを大切に、リ・ライフ=自分スタイルの暮らし方を基本に、健康で快適な暮らしをご提案していきたいと思います。


imglp

□私共ライフスタイルプランナーが発行している雑誌です。

□ライフスタイルプランナーによる輸入住宅コンペのサイト
http://www.ihio.or.jp/ihoy/

マナトレ新作
この季節は様々なインテリアメーカーより新作発表があり、個人的にとても楽しみにしています。

マナトレーディングからもラグジュアリーをテーマとした、オリジナルコレクション「マナテックスVol.12」が来月より発売となります。
上質感、デザイン性ともに気に入っているファブリックメーカーの内のひとつです。

ラグジュアリー(贅を尽くした)スタイルは、このコラムのイベントリポート内でもお伝えしましたが、今年のトレンドカラーのイメージするスタイルです。

ラグジュアリースタイルによる心の豊かさの提案がテーマのようです。

ラグジュアリーを基本コンセプトとして、さらにいくつかのスタイルを展開。
またオーストリアのブランドも取り入れてモダンなものも併せて紹介しています。

海外のファブリックメーカーは、色彩がとにかく美しいですし、また天然素材を取り入れているものが多いという点も気に入っています。

私が提案する空間のエレメントは、自然素材を多く使っています。
なので当然インテリアエレメントの色彩も自然になじむ美しいものがベストです。(海外では色彩調和理論が浸透しているからでしょうか)

余談ですが、国内メーカーはカラーベース(ブルーベース&イエローベース)の視点で商品構成していないため少々使いづらいです。
(殆どがプライス別、スタイル別です。)

また素材感も大切で、空間とモノとの間に違和感がなくコーディネートするための大切な要素になります。

近日、東京のショールームでは発表展示会が開催されるようなので、楽しみです。
マナトレーディングのHP→ http://www.manas.co.jp/

imgma1

長寿命住宅1
日曜日のNHK衛星放送で、ターシャおばさんのナチュラルな暮らしが放映されていました。
昨年も放映され、大変な反響があったようです。

書店でもターシャおばさんのガーデニング又はインテリアに関連した本も見かけるようになりました。
絵本画家であり、園芸家であるターシャおばさん。
ナチュラルガーデンのバイブル本として活用されているかたも多いのではないでしょうか。

ひと昔前なら当たり前の自給自足生活ですね。しかし全くストイックさを感じさせません。むしろそういった生活の中から喜びを創りだしているという心がまえ。
お花のひとつひとつにもとても愛情を込めて育てている嬉しそうな表情が印象的でした。

200年以上経っている薪ストーブを大切に使いオーブン料理に用いたり、100年前のジュース絞り機で時間をかけて自家製のりんごジュースを作り味わったりと、とても贅沢な豊かな時間を過ごされています。

そして、四季の移り変わりを楽しみ、生活に上手く取り入れているようです。

時間がとてもゆったりと流れているのが感じられました。

見終えた後、私も含め今の日本人はどうなんだろうかと考えさせられました。
日本人は本来四季を生活に上手く取り入れ、季節の移り変わりによる自分の心と体のバランスを上手に保つことに優れている唯一の民族だと思います。
(自然を支配せず、共生するという考え方)

最近では、季節感という感覚も薄れてきてとても大切な部分を捨ててしまったように感じます。

経済大国の仲間入りをしましたが、豊かな暮らしを手に入れたのでしょうか。

そして、本当の”豊かさ”とは何だろうか、と改めて考えさせられました。

以前あるイベントでご一緒させていただいたデンマークのデザイナーのかたより「日本の住宅にはガッカリさせられました。」と言われたことがあります。
教科書で習った日本の歴史的建造物は確かに素晴らしいが、現在建てている住宅はとても資産価値があると思えないと。

美しい自然に囲まれた民族なのにどうしたのですか、と言いたかったのでしょう。

確かに戦後は住宅の量の確保が最優先されました。
ですが、今だに住宅のストックに対するフローの割合が多いのはとても問題です。
25年経ったら廃棄されるような住宅を供給している限り”豊かな生活”は難しいです。

ヨーロッパでは50年、100年という住宅が多く、愛着を持って手入れされています。
100年以上経った家であっても資産価値が高いのです。

日本ではメンテナンスフリー住宅を望みますが、本来メンテナンスフリーとはメンテナンスができない=ランニングコストが高くつくということなのです。

新建材100%住宅は、始めは大変きれいですが年数とともに劣化していきます。
(シックハウスという観点からも問題があります。)

経年美は、望めません。

また、構造的に100年耐えてもデザインが風化してしまうもの、100年耐えられないデザインというものも本来長寿命住宅とは呼びません。

この点は見過ごしてしまいますが、様々な問題を含み次世代に対して負を受け継ぐことになってしまいます。
今後の智慧で、必ず避けなければならない点です。

最近は住宅の資産価値を高める家づくりに関心を示すクライアントも少しずつですが増えてきました。
(海外旅行の際に住文化に対して考えるキッカケになるようです。)

このような小さな動き(個人の意識の変化)が今後主流の大きな動きに連動することを期待したいです。
(つづく)

imgcott    imgcottb

エコインテリア施工実例
自然素材による心地良い暮らし・S邸
□テイスト     ナチュラル
□テーマカラー  クリームイエロー、ホワイト
□DATE      天井、壁: コットンクロス
          床、腰板: 無垢フローリング+自然塗料仕上げ
          ファブリックス:オーガニックコットン

img586   img587

施工実例
都会的なアーバンスタイル・K邸
□テイスト    スタイリッシュモダン
□テーマカラー オフホワイト、ダークブラウン
□WORK     窓廻りプラン、照明コーディネート、他カラーアドバイス等
□DATE     天井:木毛セメント板
          壁 :珪藻土仕上げ
          床 :無垢フローリング+自然塗料仕上げ

works-01 img02

   
works-03 works-04

キッチンスタイルの本
リフォームやインテリアコーディネートの依頼の中で、オリジナルなキッチンを要望されるかたが増えてきました。

家具(隣接する食器収納)などのデザインと合わせてキッチンのデザインをする機会が増えてきました。

その際にとても参考にしているのが、「ワールドキッチン」という雑誌です。
洋書感覚ですが、生活者視点で実例を紹介されているので大変参考になります。

機能的で美しくそして生活スタイルに合ったデザインは目指すところです。

また海外(特にドイツ)の女性の生活・キッチン哲学には見習う点が沢山あるような気がします。

この雑誌は、女性にとって一番関心のあるスペース、キッチンを自分らしいスタイルにするためのヒントになるかと思います。

ワールドキッチン―わが家でつくる世界のキッチン ワールドキッチン―わが家でつくる世界のキッチン
(2004/08)
エクスナレッジ
この商品の詳細を見る

そして、キッチンスタイル本をもう一冊ご紹介します。
キッチン雑貨のレイアウトなどがとても参考になる書籍「テレンス・コンランのキッチン」です。

大人感覚のフレンチカントリースタイルが好きなかたには、特にお勧めです。

私は、実際に打ち合わせの際にも活用しています。
パントリーや収納のお洒落な活用法もビジュアルな写真を通して参考になります。
テレンス・コンランのキッチン テレンス・コンランのキッチン
奥村 公子、テレンス コンラン 他 (2002/11)
エクスナレッジ
この商品の詳細を見る

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記