FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インテリアトレンドビジョン2014
世界のインテリア見本市と最新のインテリアトレンドを紹介する書籍「インテリアトレンドビジョン2014」が発売しました。
2004年から毎年発行している同書は、今年で11冊目となるロングセラーのインテリアトレンドブックです。

ミラノサローネ他、世界の主要見本市をまわり、インテリアの動向を定点観測してきた著者が、人気デザイナーの新作やカラー、素材、製法などの最新情報をレポートします。

巻末では、2014年のインテリアトレンドスタイルを4つに分けてビジュアルな構成で紹介しています。

img01


インテリアトレンドビジョン2014立ち読みへ
美しい暮らしと住まいの情報誌
img01

BonChic Vol.8―アンティークと暮らすインテリア (別冊PLUS1 LIVING)



お勧めのインテリア&住まいの情報雑誌です。

エレガント&シックなインテリアテイストは、弊社のご提案する住まいと共通点があるため、お打ち合わせに活用することが多いです。

こちらの特集号では、豊かさと気品のあるアンティークのある暮らしがテーマ。
実例を中心に、アンティークのあるインテリアを生かす収納法や照明の選び方の紹介など、アンティークのある豊かな暮らし方を紹介しています。

また、海外情報として、注目の「イギリス・リリーロード」に出店するアンティークショップのオーナー宅を取材。特に日本でも人気のファブリックブランド「キャベジズ&ローゼズ」のオーナー宅は必見です。その他、パリの最新情報や国内のインテリアの素敵なホテル案内などの内容です。
インテリアコーディネーターハンドブック
img01

(公社)インテリア産業協会では、平成26年度からスタートする新しいIC資格試験制度に対応した「インテリアコーディネーターハンドブック統合版<上・下>」を発刊しました。

従来の「インテリアコーディネーターハンドブック」は、「技術編」「販売編」の2冊構成となっており、インテリアコーディネーター資格一次試験の2科目に対応した内容でしたが、新たな「インテリアコーディネーターハンドブック」は、平成26年度からの一次試験科目統合に対応して、ハンドブックについても技術編と販売編の区分けをなくした構成となります。

■目次
<上巻>
第1章 インテリアコーディネーターの誕生とその背景
第2章 インテリアコーディネーターの仕事
第3章 インテリアの歴史
第4章 インテリアコーディネーションの計画
第5章 インテリアエレメント・関連エレメント

<下巻>
第6章 インテリアの構造・構法と仕上げ
第7章 環境と設備
第8章 インテリアコーディネーションの表現
第9章 インテリア関連の法規、規格、制度

インテリアコーディネーターハンドブック 上



インテリアコーディネーターハンドブック 下


幸運が舞い込むインテリアの法則
img01

幸運を招く秘密はインテリアにあります。五感に癒しを与える暮らしをすることで心身が浄化されていくということ。幸せになる10のルールを紹介されているお勧めの本です。

美しい(調和された)空間、すなわち癒しの空間であるという持論と重なる部分があり、大変共感できました。
北欧ライフスタイル本
img01

「北欧のなつかしいモノ暮らし」道田聖子 著
A5変型判・112頁・フルカラー  定価1600円 (税込1680円)
インターシフト=発行 合同出版=発売

スウェーデンには「Allemansratten アレマヌスレッテン」という自然に対する約束を示した慣習法があります。
そこには「誰でも湖や海や森へ自由に入る権利を持つ。また森の中で実る自然の産物、ベリーやキノコなどを自由に採ってもかまわない。私たちはすべて自然に迎え入れられるゲストである。ただ、そこに生息する自然の一切の存在を脅かしてはならないし、破壊してはいけない。」と示され幼い頃からそれを学ぶのです。

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記