FC2ブログ
美空間InformationBlog
リフォーム・リノベーション&インテリアデザイン専門会社の美空間デザイン㈱のインフォメーションブログです。新潟県上越市で、新築、リフォーム・リノベーションのデザイン施工、インテリアデザインを行っています。自然素材をふんだんに取り入れた、人と環境にやさしい住まいづくりをご提案しています。

■ プロフィール

運営者:美空間デザイン㈱

Author:運営者:美空間デザイン㈱
新潟県上越市新光町2-3-8
Tel:025-525-3620
Fax:025-520-4278
E-mail: bikukan@mbr.nifty.com

一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会正会員

一級建築士
二級建築士
インテリアデザイナー
インテリアコーディネーター
リフォームプランナー
ライフスタイルプランナー
カラーコンサルタント
ガーデンデザイナー
シックハウス対策アドバイザー
環境カオリスタ

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

嘉祥菓子の室礼
img01 img03 img05

嘉祥の儀の起源ついては諸説があります。その一つに、仁明天皇の848年、6月16日に16の数にちなんだ神供を供えて疫病が人体に入らないよう祈誓し、元号を嘉祥に改めたとする説があります。

室町時代には年中行事となり、江戸時代には朝廷や幕府のみならず町方でも嘉定喰(かじょうぐい)といって、十六文で餅16個を買い食す風がありました。
徳川幕府では「嘉祥頂戴」と称して、御目見得以上の諸士に大広間で七種(のちに八種)の菓子を賜る行事が催されました。

明治以降は廃れてしまいますが、1979年に全国和菓子協会によって6月16日は「和菓子の日」に定められました。

和菓子の日には、和菓子屋の店頭に嘉祥饅頭が並びます。
室礼には、厄を祓う意味のある五色のお饅頭が伝統的です。
季節のお野菜と共に盛り物にします。

また六月の月名である水無月も欠かせないお菓子ですね。水無月の三角形は蛇の鱗を表しています。上にのせた小豆とともに厄よけを願う心をかたちにしたお菓子です。

img02 img01


img04

□祝い七つ菓子
おめでたい時に、身近にあるお菓子七種を盛ってお祝いすることをいいます。
七の数は、東西南北の四方に天と地、行事を実行する人の心を加えた数とされています。
和菓子の日に「祝い七つ菓子」にちなんだ室礼をされてはいかがでしょうか。

img06

室礼の際に、写真のような450径の丸盆(漆吹付)があると便利です。

*今まで掲載しました「年中行事-室礼-」も是非ご覧下さい。
http://interiorworks.blog39.fc2.com/blog-category-29.html
端午の室礼
img04 img03 img05

五月五日は、古来中国では重日思想(同じ数字、特に奇数の重なる月日は悪いことが起こりやすいという考え)から魔除をする日でした。
人々は野に出て薬草を摘んだり、よもぎで作った人形を家の戸口にかけるなどして穢れや厄災を祓ったといわれています。

日本では、元来女性の節供でした。五月は田植が始まる時期で早乙女(田植えをする少女)が家に籠って身を清め、田の神を迎え祭る風習があり、それが中国から伝来した風習と融合して、女性の節供として行われていたのです。

そして武家社会の鎌倉時代から江戸時代にかけて、菖蒲が尚武(武を尊ぶこと)に通じることから男子の無事、成長を願う男子の節供に変わって行きました 。

ちまきは戦国時代の携帯食料のなごりであり、また柏の木は新芽が出るまでは親の葉が枯れ落ちることなく守ることにちなみ、柏餅は親が子の無事を願う気持ちを表します。

この時期に結果する枇杷(びわ)は「将来実を結びますように」との親心が込められています。ゼラニウムは葵科の植物ですが、どんなにひどい日照りでも根が絶えないことから子孫繁栄の願いを込めています。

端午の室礼に欠かせない香菖蒲(かおりしょうぶ)。香りが強く、その香りで邪気を祓うと考えられていました。また端午の節供の室礼には、竹の子もよく用いられます。
岩をも砕いてまっすぐ天に向かって伸びてゆくたくましい姿に、子供達の成長を託します。(*室礼の兜は、奉書で折ったものです。)

img01 img01


img01

五月五日を代表する風物詩、鯉のぼり。
鯉のぼりが端午の節供に立てられるようになったのは江戸時代中期頃といわれています。 「鯉の滝登り」の故事にもあるように、男児の立身出世を願いがこめられています。
武家だけでなく町方でも行われていました。

一説によると、もともとは五色の吹き流しや幟の頂部についている風車や籠玉などに意味があり、神の招代とも忌み籠りの家の標示ともされていたといわれています。

花祭の室礼
img03 img02 img01

四月八日は仏教を開いたお釈迦様の誕生日、又は仏生会(ぶっしょうえ)、誕生会(たんじょうえ)です。その誕生日には寺の境内にお花で飾ったお堂「花御堂(はなみどう)」を設け、安置した誕生仏像に参詣者が甘茶をそそぎます。
(その日、甘露の雨が降ったという言い伝えがあるからです。)

お釈迦様の誕生を祝うと同時に、わが子が釈尊のように強く賢く成長することを祈る日でもあります。

笋(しゅん)を季節の花と一緒に盛ります。 笋とは顔を出したばかりの筍のことで、別称仏影蔬といいます。土から真上に伸びる姿は釈尊が誕生された時、天地をさして 「天上天下唯我独尊」といわれたというお姿を写しています 。

笋と満開の桜で室礼をします。古代の人は植物の命を人の命、花の一生を人の一生に重ねて考えていたのでしょう。仏様に関する言葉の盛り物としまして、独活(うど、独立心を象徴)や空豆(そらまめ、別称、仏豆)も花祭に欠かせないものです。

img04

花御堂に見立てた室礼です。

img05

甘茶をいただくテーブルには、数珠、数珠玉、そして五色の散華(さんげ)をしつらえます。
散華は、仏教の法会にまく花で、蓮の花びらを紙で作ったものが一般的です。
中国の五常(ごじょう)、儒教において人が常に守るべき道徳である仁・礼・信・義・智を表す青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)と中国思想の五行説で決まっています。

-五行配当-
木 = 東  = 春  = 青(緑) = 仁
火 = 南  = 夏  = 赤    = 礼
土 = 中央 = 土用 = 黄    = 信
金 = 西  = 秋  = 白    = 義
水 = 北  = 冬  = 黒(紫) = 智

古代日本人は、言霊・音霊・色霊・数霊を大切にし、感謝と祈りの心を形(縁起の盛り物)に托したのですね。
そして、日にこだわり一年の節目となる節日をとても大切にしてきました。

年中行事は世界に誇れる日本文化であると思いますし、色褪せることなく、次世代の子供たちに伝えてゆきたい心です。

*今まで掲載しました「年中行事-室礼-」も是非ご覧下さい。
http://interiorworks.blog39.fc2.com/blog-category-29.html

雛祭の室礼
img02 img01 img03

五節供の一つで、旧暦三月三日の称。上巳とは、「上旬(はじめ)の巳の日」という意味です。
魏(220~265)以来、三月三日を上巳としました。古来中国では、「踏青(とうせい)」といって、この日に不浄を祓う習慣があり、それがのちに発展したのが「曲水の宴」と言われています。

日本においては奈良・平安時代に取り入れられ、宮中では曲水の宴を催し、祓えを行うようになります。日本古来の祓えや禊の思想と中国の曲水の宴が習合したものです。
やがて曲水の宴はすたれてしまいますが、上巳の日の祓えは貴族の間に定着します。

形代として人形をつくり、穢れを移して海や川に流すようになりました。
雛人形の本来の姿は、流し雛。厄災を人形に託し、穢れを祓い流し去る雛祭りの原型です。流し雛の風習は、各地で今日まで受け継がれていますね。

その後上巳の祓えは江戸時代に五節供に制定され、貴族社会のみならず武家でも雛祭りが行われ、それが町人階層にも及び、やがて女児の節供とする考えが定着していった様です。
上巳は三月三日の雛の節供をさす言葉としても使われる様になり、上巳の節供ともいいました。

雛祭りの室礼には、桃の花同様、菜の花も不可欠なものです。
現代のように医学が発達していなかった時代は大勢の子どもが亡くなりました。
菜の花は早世した子に手向けるお花、また菜種油が取れることから故人に供えるお灯明という意味がこめられています。

桃花酒は桃の花をひたしたお酒で、飲めば病を除き長生きするといわれています。
古代中国では桃は邪気を払う仙木と考えられていました。
日本でも魔除けに桃の木を用いることも多いですので室礼のお花とします。

img05

雛御膳にもごちそうを盛りつけましょう。
心を込めてごちそうを盛ります。桜ご飯、はまぐりのお吸い物、玉子焼と菜の花、大根と柚子のなますなど食べ物の意味と、一汁三菜のお椀の位置を子供たちに伝えます。

私自身、有り難いことに幼なじみのお母様が年中行事を大切にされるかたで、毎年お雛様の直会に呼んでいただきお祝いしていただきました。
その際に色々なお道具の由来やごちそうの意味など教えていただきました。


img04

男雛、女雛の順序は各地域により色々な説があるようですね。
私の考えとしましては、男性は火足り(左、縦の力)、女性は水極り(右、横の力)。
合わせて火水(カミ)。
男雛は左側(向かって右)、女雛は右側(向かって左)が順序として正しい気持ちが強いです。
これはお雛様のお話だけでなく、男女の位置関係として大きな意味があります。

img01
節分の室礼
img01 img02 img04

節分とは立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし、四季の分かれ目を意味していましたが、やがて立春の前日のみをいうようになりました。旧暦では、立春正月といいこの日は年頭もしくは年の暮れにあたり、邪気祓いの行事が行われてきました。

現在でも豆まきの風習は年中行事の一つとなっており、各地の寺社では鬼追いの節分祭が行われています。

豆まきの由来は中国から伝わった「追儺(ついな)」の儀式にあるといわれています(別名鬼やらい)。豆は魔目に通じ、鬼の目を打つためのもの。節分の夜に豆を煎った福豆を食べるのは、来る新春もまめ(達者)でありますように、とのいわれからです。

柊の小枝に鰯の頭を刺して玄関先に飾ると、柊のとげと鰯の悪臭が鬼を退散させると言われています。あたり棒は鬼退治の武器となるものです。邪気はらいの室礼ですね。
また節分の翌日は立春。椿のお花を立春の室礼とします。「椿」は木へんに春と書くことから、冬の寒気を払い春になったことをあらわします。

下の写真の恵方巻き(えほうまき)は、節分の2月3日に食べる太巻きの事で主に西日本に多く見られる風習です。節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かい、無病息災を祈りながら無言で太巻きをまるかぶり(「まるかじり」の意)するのが習わしとされています。
巻き寿司に 「福を巻き込む」という願いを、切らずに食べる事から「縁を切らない」という意が込められています。今年2009年の恵方は東北東です。

img03

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する



copyright 2005-2007 美空間InformationBlog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記